News & Views

構造生物学:抗うつ薬の作用の仕組み

Nature 532, 7599 doi: 10.1038/nature17883

セロトニン輸送体タンパク質であるSERTについて、2種類の抗うつ剤と複合体を作った状態の構造が明らかにされた。この結果によってこの種の薬剤の作用機作が明らかになり、将来の薬剤開発に向けた標的候補が示された。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度