News & Views

神経科学:ミエリン損傷が起こる機構

Nature 529, 7587 doi: 10.1038/nature16865

ミエリン膜系からなる鞘によって神経活動過程を他から隔離している細胞は、脳卒中が起こると損傷を受ける。タンパク質のTRPA1を介して起こるカルシウムイオンの取り込みがミエリンの損傷の一因となっていることが今回明らかにされた。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度