News & Views

がん:薬剤耐性が生じる仕組みを予測する

Nature 529, 7586 doi: 10.1038/nature16863

BETブロモドメインタンパク質の阻害物質は、がんの治療薬として有望視されているが、腫瘍細胞はこのような薬剤に対する耐性を獲得する可能性が高い。耐性の生じる機構の予測が行われ、今回報告された。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度