News & Views

再現性:神経回路で観察された実験法による食い違い

Nature 528, 7582 doi: 10.1038/nature16323

同一の神経回路に対して行われた一過性の操作と結果が永続する操作では、結果として生じる行動変化が異なることがあるという知見は、こうした回路の解析を行う最良の方法はどういうものかという新たな疑問を投じることになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度