News & Views

画像化技術:骨構造解析の手法が拡大

Nature 527, 7578 doi: 10.1038/527308a

コンピュータートモグラフィー法とX線小角散乱法という2つの手法を併用し、これにさらに非常に高度な計算能力を組み合わせて使うことで、骨と歯の組織のマルチスケールでの三次元解析が今回、可能になった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度