News & Views

核物理学:中性子をひとひねり

Nature 525, 7570 doi: 10.1038/525462a

本来、中性子は軌道角運動量を持たない。しかし、光子が軌道角運動量を持つことが明らかになってから23年後の今、中性子ビームがこの特性を獲得できることが実証された。これは画像化技術の向上を期待させる結果である。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度