News & Views

分子生物学:クラススイッチ切り替えは成功の頻度が大幅に高くなっている

Nature 525, 7567 doi: 10.1038/nature15209

多様なクラスの抗体を生じさせるDNA切断・修復機構が正しく働くかどうかの確率は、理論的には50%である。だが、この組換えは抗体が生産される過程の方に大きく偏って起こることが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度