News & Views

がん:p53の重要な同行者

Nature 520, 7549 doi: 10.1038/nature14390

TP53遺伝子の欠失は大腸がんで見られる事象の1つで、遺伝子転写を支配する酵素のサブユニットをコードする遺伝子が一緒に欠失していることが多い。こうした事態が、治療法開発の好機となる脆弱性を作り出している。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度