News & Views

細胞生物学:光で制御される細胞内小器官

Nature 518, 7537 doi: 10.1038/nature14086

光遺伝学の手法を使えば、細胞内のタンパク質間相互作用を光活性化によって制御できる。この方法を膜の動力学的性質を変えるのに使って、細胞内構造の再編成が可能になった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度