News & Views

がん:再増殖を介して生じる治療耐性

Nature 517, 7533 doi: 10.1038/nature14075

膀胱がんの細胞は化学療法によって死滅する際にプロスタグランジンE2を放出することが知られている。逆説的だが、この分子は生き残ったがん幹細胞の増殖を促進し、これが腫瘍の再増殖につながることが分かった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度