News & Views

発生遺伝学:カイコで性決定因子を持つのは雌

Nature 509, 7502 doi: 10.1038/nature13336

カイコガ(Bombyx mori)の性は、ある小分子RNAが存在するかどうかによって決まることが分かった。これは、タンパク質以外の分子が性決定を仲介することを示す初めての例だと考えられる。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度