News & Views

がん:白血病祖先細胞はしぶとく残る

Nature 506, 7488 doi: 10.1038/nature13056

急性白血病の初期は、ほとんどの場合臨床的な症状が現れず、期間も短いと考えられている。だが、祖先となる前がん細胞は識別可能で、ずっと生き残るらしいことが今回明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度