News & Views

分子生物学:DNA修復 – 押してもだめなら引いてみよう

Nature 505, 7483 doi: 10.1038/nature12850

転写酵素であるRNAポリメラーゼはDNAの損傷があるとそこで立ち往生してしまい、損傷修復を妨げる。補助因子がこの酵素を前方に押してそこから追い出すのだが、後ろ向きに引っ張ってもおそらく効果は同じらしいことが分かった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度