News & Views

システム生物学:代謝物質は主要な調節因子であることが判明

Nature 500, 7462 doi: 10.1038/nature12544

微生物でカタボライト抑制という現象が起こると、エネルギー的に有利である炭素供給源を第一に使えるようになる。新たな研究によって、この過程の重要なエフェクターがα-ケト酸であり、この物質の濃度が遺伝子発現を調節していることが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度