目次

Editorials

科学論文は政策論争の根拠にされることもあり、不正行為の調査は迅速を要する。

p.419

doi: 10.1038/473419b

日本語要約 | Full Text

グラフェンは優れた特性を持つ有望な物質だが、これを生かすには誇大宣伝は避け、地道で継続的な研究開発が重要だ。

p.419

doi: 10.1038/473419a

日本語要約 | Full Text

ワクチンはさまざま病気を撃退してきたまさに“ヒーロー”であり、今後も活躍を期待したい。

p.420

doi: 10.1038/473420a

日本語要約 | Full Text

News

ポリオ根絶の闘いが大詰めを迎えているが、パキスタンでは難航するおそれが。

p.427

doi: 10.1038/473427a

日本語要約 | Full Text

ロシアでは科学復興政策が着実に進みつつあるが、問題点も。

p.428

doi: 10.1038/473428a

日本語要約 | Full Text

WHOに、大幅な改革と取り組む課題の厳選を求める声が。

p.430

doi: 10.1038/473430a

日本語要約 | Full Text

アレシボ電波望遠鏡の運営権が、コーネル大学(米国)から地元の大学を含むコンソーシアムへ。

p.431

doi: 10.1038/473431a

日本語要約 | Full Text

生物学のセントラルドグマを覆すRNAレベルでの遺伝情報の書き換えを示唆する論文が発表され、激しい論争が。

Evidence of altered RNA stirs debate p.432

doi: 10.1038/473432a

日本語要約 | Full Text

臨床試験の被験者確保の難しさが薬剤開発の妨げになっており、解決法の模索が。

p.433

doi: 10.1038/473433a

日本語要約 | Full Text

News Features

はしかの場合

p.434

ワクチンによる封じ込めは効果が上がっているが、政府の姿勢、資金不足、ワクチンへの抵抗感が今後の課題となっている。

doi: 10.1038/473434a

Full Text

ワクチンの安全性に関する本当の問題

The real issues in vaccine safety p.436

ワクチンの危険性に対する誤った過剰反応が、安全性に関する本当に重要な問題を隠してしまうおそれがある。

doi: 10.1038/473436a

Full Text

最善の努力

p.439

マサチューセッツ総合病院のBruce Walker氏によって、HIV研究は大きく変わるだろうか。

doi: 10.1038/473439a

Full Text

News & Views

昆虫学:目標は女王様

Royal aspirations p.454

女王バチになるには何が必要なのだろうか。ずっと謎だったこの疑問に対する決定的な答えが示された。このことは、社会的形質の進化や昆虫のゲノムの研究に大いに役立つと思われる。

doi: 10.1038/473454a

Full Text

応用物理学:X線のひらめき

A stroke of X-ray p.455

X線の発見は100年以上前のことである。それ以来、X線は医学や科学における必需手段となり、そのためX線を発生させる革新的方法を発見するための努力はたゆみなく続けられてきている。

doi: 10.1038/473455a

Full Text

ワクチン学:粘り強さは報われる

p.456

エイズワクチンの開発では期待外れな結果が続いてきた。アカゲザルでのサル免疫不全ウイルス初期感染を有効に制御する免疫応答を引き起こすワクチンが作られたことは、有望な結果と思われる。

doi: 10.1038/473456a

Full Text

医薬品化学:鎮痛薬につながる新しいリード化合物

p.458

まれな天然物であるconolidineが合成され、その薬理学的性質を調べることが初めて可能になった。conolidineには珍しい作用機序を示す鎮痛作用があることがわかり、注目を集めそうだ。

doi: 10.1038/473458a

Full Text

精密測定:ちょっとひねられた電子を探す

p.459

物理学では、電子については何から何まで、すべてが明らかになっていると思われているかもしれない。しかし、電子の形状について行われた最新の測定は、高エネルギー粒子加速器での結果について予想を変えるかもしれない。

doi: 10.1038/473459a

Full Text

惑星科学:記録的短時間で惑星を構築する

p.460

火星がほぼ今の大きさになったのは、太陽系が火星の形成を開始してからわずか200万年から400万年後のことらしい。このような速い成長は、火星が地球や金星よりもかなり小さいことの説明となる。

doi: 10.1038/473460a

Full Text

タンパク質とタンパク質の相互作用:単一分子のプルダウン

p.461

一般的なタンパク質プルダウン法と単一分子蛍光顕微鏡法という新しい組み合わせによって、細胞内タンパク質複合体の画像化に新しい道が開かれた。

doi: 10.1038/473461a

Full Text

Articles

細胞:ロイヤラクチンはミツバチの女王バチ分化を誘導する

Royalactin induces queen differentiation in honeybees p.478

doi: 10.1038/nature10093

日本語要約 | Full Text | PDF

細胞:単一分子プルダウン法を用いた細胞タンパク質複合体の解析

Probing cellular protein complexes using single-molecule pull-down p.484

doi: 10.1038/nature10016

日本語要約 | Full Text | PDF

Letters

宇宙:火星の急速な成長と惑星胚の状態であることを示すHf–W–Thの証拠

Hf–W–Th evidence for rapid growth of Mars and its status as a planetary embryo p.489

doi: 10.1038/nature10077

日本語要約 | Full Text | PDF

物理:電子形状の改良した測定

Improved measurement of the shape of the electron p.493

doi: 10.1038/nature10104

日本語要約 | Full Text | PDF

気候:大西洋赤道域の深海から励起される大気の年々変動

Interannual atmospheric variability forced by the deep equatorial Atlantic Ocean p.497

doi: 10.1038/nature10013

日本語要約 | Full Text | PDF

地球:ハワイ地膨の形状から推測される非線形マントルレオロジー

Inferring nonlinear mantle rheology from the shape of the Hawaiian swell p.501

doi: 10.1038/nature09993

日本語要約 | Full Text | PDF

進化:地球上で最古の非海洋性真核生物

Earth's earliest non-marine eukaryotes p.505

doi: 10.1038/nature09943

日本語要約 | Full Text | PDF

古生物:オルドビス紀の巨大なアノマロカリス類

A giant Ordovician anomalocaridid p.510

doi: 10.1038/nature09920

日本語要約 | Full Text | PDF

脳:記憶の精度に必要な学習関連フィードフォワード抑制結合の発達

Learning-related feedforward inhibitory connectivity growth required for memory precision p.514

doi: 10.1038/nature09946

日本語要約 | Full Text | PDF

医学:ブタインフルエンザA型ウイルスの進化と伝播の長期にわたる動態

Long-term evolution and transmission dynamics of swine influenza A virus p.519

doi: 10.1038/nature10004

日本語要約 | Full Text | PDF

医学:強病原性SIVに対するエフェクター記憶T細胞ワクチンの強い初期抑制

Profound early control of highly pathogenic SIV by an effector memory T-cell vaccine p.523

doi: 10.1038/nature10003

日本語要約 | Full Text | PDF

生理:肥満では脂質代謝の異常がカルシウム恒常性を破綻させ肝臓の小胞体ストレスを引き起こす

Aberrant lipid metabolism disrupts calcium homeostasis causing liver endoplasmic reticulum stress in obesity p.528

doi: 10.1038/nature09968

日本語要約 | Full Text | PDF

発生:神経堤はNOTCHの一過的な活性化を介して筋発生を制御する

Neural crest regulates myogenesis through the transient activation of NOTCH p.532

doi: 10.1038/nature09970

日本語要約 | Full Text | PDF

生化学:スプライソソームU4 snRNPコアドメインの構造とsnRNP生合成との関係

Structure of the spliceosomal U4 snRNP core domain and its implication for snRNP biogenesis p.536

doi: 10.1038/nature09956

日本語要約 | Full Text | PDF

構造生物学:密度とエネルギーに導かれたタンパク質構造最適化による分子置換の改良

Improved molecular replacement by density- and energy-guided protein structure optimization p.540

doi: 10.1038/nature09964

日本語要約 | Full Text | PDF

Review Article

化学:フッ素化およびトリフルオロメチル化のための触媒反応

Catalysis for fluorination and trifluoromethylation p.470

doi: 10.1038/nature10108

日本語要約 | Full Text | PDF

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度