目次

Editorials

論文盗作の検出方法はいろいろあるが、盗作防止には、科学者に倫理的規範を浸透させることが重要である。

Plagiarism pinioned p.159

doi: 10.1038/466159b

米政府の幹細胞政策に対して起こされた訴訟は、研究助成制度自体を揺るがす悪しき前例になるおそれがある。

p.159

doi: 10.1038/466159a

米国は、希少疾病用医薬品の臨床試験の進め方に、新たな基準を打ち出すべきだ。

p.160

doi: 10.1038/466160a

News

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第四次評価報告書を巡る問題で、オランダ政府は、誤りは小さなもので大筋は変わらないという調査結果を報告。

p.170

doi: 10.1038/466170a

EUの研究助成がITER(国際熱核融合実験炉)の不足資金に回される可能性があり、ほかの分野にしわ寄せがくるおそれも。

p.171

doi: 10.1038/466171a

米国立衛生研究所(NIH)が、臨床医療研究施設の利用を外部研究者にも有料で認める方向へ。

NIH may open access to clinical facility p.172

doi: 10.1038/466172a

News Features

進化:ダーウィンの夢見た池

p.174

一時は絶滅の危機にあったビクトリア湖のシクリッドから、種分化の進み方についての知見が得られている。

doi: 10.1038/466174a

古人類学:紛争の地

p.176

トルコには、古代人類の重要な謎の解明に役立つ遺物が数多く残されているが、これを生かすには、まず古人類学者間の争いをおさめる必要がある。

doi: 10.1038/466176a

News & Views

考古学:北方の初期人類

p.189

英国ノーフォーク州の遺跡で、人類のユーラシアへの広がりを示す最も古い証拠が得られた。これはまた、最も北方で得られた証拠であり、環境指標からは、このような初期ブリトン人は一連の気候条件に適応していたものと考えられる。

doi: 10.1038/466189a

超伝導:フラーレン化合物の意外な性質

p.191

フラーレンであるCs3C60の面心立方型構造が、その体心立方型と同じく超伝導体であることがわかった。このことは有機材料の超伝導性の起源の解明に役立ちそうだ。

doi: 10.1038/466191a

細胞生物学:張力を検出する

Sensing tension p.192

生きている細胞の特定の部位にかかっている張力の測定は、技術的にたいへん難しい。今回、蛍光バイオセンサーとして働くタンパク質を使って、移動中の細胞の張力の局所的変化の特徴が調べられた。

doi: 10.1038/466192a

超分子化学:部分の総計を超える全体

p.193

試験管内にある小型分子は、いろいろな種類の疎水性ドメインを含む、細胞内でみられるような集合体を形成できるだろうか。1つの研究から、答えはイエスであることがわかり、水中で共存できない化合物を単離する新しい方法が示唆された。

doi: 10.1038/466193a

神経科学:コカインをノックダウンするマイクロRNA

p.194

コカインの乱用は、この薬に対する渇望をどんどん強くしていく。だが、長期的にコカインを使用していると、脳でマイクロRNAの1つの発現が誘導され、これがさらなるコカイン摂取を制限するらしいことがわかった。

doi: 10.1038/466194a

量子電気力学:鎧にすき間あり?

A chink in the armour? p.195

エキゾチック原子系の分光によるプロトンのサイズ測定では、前例を超える正確さが達成された。しかしこの値は、以前の方法で得られたものとは一致しなかったのである。

doi: 10.1038/466195a

Articles

神経:線条体マイクロRNAはCREBシグナル伝達を介してコカイン摂取を制御する

Striatal microRNA controls cocaine intake through CREB signalling p.197

doi: 10.1038/nature09202

構造生物学:K+チャネルにおけるC型不活性化の構造的機構

Structural mechanism of C-type inactivation in K+ channels p.203

doi: 10.1038/nature09153

Letters

宇宙:銀河NGC 7793内にある強力なマイクロクエーサー周囲のジェットで膨張した長さ300 パーセクのバブル

A 300-parsec-long jet-inflated bubble around a powerful microquasar in the galaxy NGC 7793 p.209

doi: 10.1038/nature09168

量子情報科学:極めて明るい量子もつれ光子対光源

Ultrabright source of entangled photon pairs p.217

doi: 10.1038/nature09148

物性:モット転移近傍のCs3C60の超伝導と磁性の多形制御

Polymorphism control of superconductivity and magnetism in Cs3C60 close to the Mott transition p.221

doi: 10.1038/nature09120

気候:サヘル地域における商業的農業の開始期におけるアフリカのダスト(塵埃)フラックスの増加

Increase in African dust flux at the onset of commercial agriculture in the Sahel region p.226

doi: 10.1038/nature09213

考古:ヨーロッパ北西部における更新世初期人類の亜寒帯南端への定住

Early Pleistocene human occupation at the edge of the boreal zone in northwest Europe p.229

doi: 10.1038/nature09117

進化:魚類のアクチノトリキアタンパク質群の消失と、鰭から四肢への移行

Loss of fish actinotrichia proteins and the fin-to-limb transition p.234

doi: 10.1038/nature09137

遺伝:ユダヤ人の全ゲノム構造

The genome-wide structure of the Jewish people p.238

doi: 10.1038/nature09103

医学:自己免疫における生殖細胞系列のシアル酸アセチルエステラーゼ機能異常変異

Functionally defective germline variants of sialic acid acetylesterase in autoimmunity p.243

doi: 10.1038/nature09115

発生:FGF下流のランダムな細胞運動勾配が羊膜動物胚の伸長を制御する

A random cell motility gradient downstream of FGF controls elongation of an amniote embryo p.248

doi: 10.1038/nature09151

細胞:遺伝子内DNAメチル化が選択的プロモーターの調節に果たす、保存された役割

Conserved role of intragenic DNA methylation in regulating alternative promoters p.253

doi: 10.1038/nature09165

生化学:DPF3bのタンデム型PHDフィンガーによるアセチル化ヒストン結合の機構と調節

Mechanism and regulation of acetylated histone binding by the tandem PHD finger of DPF3b p.258

doi: 10.1038/nature09139

細胞:ビンキュリンにかかる機械的張力の測定から明らかになった接着斑の動態調節

Measuring mechanical tension across vinculin reveals regulation of focal adhesion dynamics p.263

doi: 10.1038/nature09198

細胞:単一細胞でのNF-κBの動態から示されたデジタルな活性化とアナログな情報処理

Single-cell NF-κB dynamics reveal digital activation and analogue information processing p.267

doi: 10.1038/nature09145

構造:K+チャネルにおける活性化–不活性化ゲート間の共役の構造基盤

Structural basis for the coupling between activation and inactivation gates in K+ channels p.272

doi: 10.1038/nature09136

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度