目次

Editorials

『文明の衝突』の著者で多くの批判も受けたハンチントン氏が亡くなったが、彼の説は簡潔さと影響力で長く記憶に残るだろう。

p.129

doi: 10.1038/457129b

日本語要約 | Full Text

膨大な研究データを有効活用するためのデジタル研究基盤は、規格の統一と開放性を重視すべきで、公的機関と民間との連携も考えられる。

p.129

doi: 10.1038/457129a

日本語要約 | Full Text

米国は、バイオ分野で急成長しているキューバと科学分野での協力を進めるべきだろう。

p.130

doi: 10.1038/457130a

日本語要約 | Full Text

News

中国が南極内陸部に建設中の崑崙基地の完成が間近に。

p.134

doi: 10.1038/457134a

日本語要約 | Full Text

SPECIAL REPORT バイオ産業への金融危機の打撃は一部の業種に比べればましだが、ベンチャー投資の縮小など、悪影響は出ている。

p.136

doi: 10.1038/457136a

日本語要約 | Full Text

欧州初の臨床施設でのがんの炭素イオン線治療が間もなく開始へ。

p.139

doi: 10.1038/457139a

日本語要約 | Full Text

News Features

海中での研究:海底の実験室

p.141

世界に1つしかない海中長期実験室で、さまざまな研究が行われている。

doi: 10.1038/457141a

Full Text

林学:緑の投資

p.144

インドで森林を育成すれば炭素クレジットによる利益が上がるのに、皆が植林に励まないのはなぜだろう。

doi: 10.1038/457144a

Full Text

News & Views

有機化学:設計で作り出す分子の多様性

p.153

有機合成の多くは目標が決まっており、複数段階からなる合成経路は1つの化合物だけを作り出すように設計されている。しかし、多様性を目指した合成ならば、80種類もの分子骨格が、わずか数段階の反応で作り出せる。

doi: 10.1038/457153a

Full Text

免疫学:激しい電気的異常に対する障壁

p.155

てんかんは、脳の異常な電気的活動による発作の繰り返しが特徴である。免疫細胞は、脳血管関門の破壊にかかわることで、この異常の発生を促進する。

doi: 10.1038/457155a

Full Text

量子物理学:斥力に変じる量子力

p.156

奇妙な量子効果であるカシミール力が斥力の形をとれることが、実験的に立証された。これは、基礎物理学にとって重要なだけでなく、ナノテクノロジーにとっても大事なことだ。

doi: 10.1038/457156a

Full Text

タンパク質合成:誤りを後から修正する

p.157

伸長中のポリペプチド鎖にアミノ酸を付加する際の誤りは普通、タンパク質合成の間に防止される。防止されなかった場合は、品質管理機構が働いて、間違いのある配列の合成を早期に停止させる。

doi: 10.1038/457157a

Full Text

宇宙物理学:磁気の結合

p.158

低質量の星に普遍的に存在する磁場を作り出す仕組みは、長い間、謎とされてきた。地球が磁場形成を完遂する仕組みのモデルは、そういった星での磁場形成機構の解明の鍵となるかもしれない。

doi: 10.1038/457158a

Full Text

構造生物学:抗がん薬標的の構造をみる

p.159

広くみられる型の乳がんにかかわっていると考えられている酵素のアロマターゼは、ごく珍しい生化学反応を触媒している。したがって、アロマターゼの結晶構造は、実用的な意味でも、また基礎科学にとっても、有用な手がかりをもたらしてくれる。

doi: 10.1038/457159a

Full Text

分子生物学:旨味を味わう

p.160

アミノ酸であるグルタミン酸がもつ旨味という味は、どのようにして受容されるのだろうか。新たな研究によって、この膜受容体は甘味刺激に対する受容体に似ており、グルタミン酸に加えて旨味のエンハンサーにも結合することがわかってきた。

doi: 10.1038/457160a

Full Text

Article

細胞:ペプチド結合形成後のリボソームによる品質管理

Quality control by the ribosome following peptide bond formation p.161

doi: 10.1038/nature07582

日本語要約 | Full Text | PDF

Letters

宇宙:エネルギーフラックスが惑星や恒星の磁場の強度を決定する

Energy flux determines magnetic field strength of planets and stars p.167

doi: 10.1038/nature07626

日本語要約 | Full Text | PDF

物理:測定された長距離Casimir-Lifshitz斥力

Measured long-range repulsive Casimir-Lifshitz forces p.170

doi: 10.1038/nature07610

日本語要約 | Full Text | PDF

光学:境界条件によって制御される電気励起フォトニック結晶テラヘルツレーザー

Electrically pumped photonic-crystal terahertz lasers controlled by boundary conditions p.174

doi: 10.1038/nature07636

日本語要約 | Full Text | PDF

地球:進化した小惑星地殻の初期における形成

Early formation of evolved asteroidal crust p.179

doi: 10.1038/nature07651

日本語要約 | Full Text | PDF

進化:新生代全体にわたる海洋浮遊性珪藻類の多様性動態

Diversity dynamics of marine planktonic diatoms across the Cenozoic p.183

doi: 10.1038/nature07435

日本語要約 | Full Text | PDF

脳:鳴禽でみられる発声練習中の聴覚フィードバックの神経処理

Neural processing of auditory feedback during vocal practice in a songbird p.187

doi: 10.1038/nature07467

日本語要約 | Full Text | PDF

医学:急性ウイルス性髄膜炎では、骨髄単球性細胞の動員が中枢神経系の致命的な血管損傷を引き起こす

Myelomonocytic cell recruitment causes fatal CNS vascular injury during acute viral meningitis p.191

doi: 10.1038/nature07591

日本語要約 | Full Text | PDF

免疫:記憶CD8 T細胞区画のサイズは免疫学的経験とともに増大する

Memory CD8 T-cell compartment grows in size with immunological experience p.196

doi: 10.1038/nature07486

日本語要約 | Full Text | PDF

細胞:体細胞性の高頻度インフレーム欠失によって炎症性肝細胞腫瘍でgp130が活性化される

Frequent in-frame somatic deletions activate gp130 in inflammatory hepatocellular tumours p.200

doi: 10.1038/nature07475

日本語要約 | Full Text | PDF

聴覚:ダイニン調節複合体は内耳で繊毛の運動性や耳石の形成に必要である

The dynein regulatory complex is required for ciliary motility and otolith biogenesis in the inner ear p.205

doi: 10.1038/nature07520

日本語要約 | Full Text | PDF

生理:線虫の耐性幼虫が貯蔵脂質の消費を制限して確実に長期生存するにはLKB1/AMPKが必要である

Caenorhabditis elegans dauers need LKB1/AMPK to ration lipid reserves and ensure long-term survival p.210

doi: 10.1038/nature07536

日本語要約 | Full Text | PDF

細胞:合成プロモーターとゲノムプロモーターでの組み合わせcis調節の解析

Analysis of combinatorial cis-regulation in synthetic and genomic promoters p.215

doi: 10.1038/nature07521

日本語要約 | Full Text | PDF

構造生物学:ヒト・アロマターゼにおけるアンドロゲン特異性とエストロゲン合成の構造基盤

Structural basis for androgen specificity and oestrogen synthesis in human aromatase p.219

doi: 10.1038/nature07614

日本語要約 | Full Text | PDF

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度