目次

Editorials

個人のゲノム情報をどのように利用するか、乱用、悪用をどう防ぐかを研究する必要がある。

p.1

doi: 10.1038/456001a

人権団体と研究者との関係の緊密化を図る米科学振興協会(AAAS)の「科学と人権プログラム」を研究者も支持すべきだ。

p.2

doi: 10.1038/456002b

米食品医薬品局(FDA)がようやく遺伝子組み換え動物の規制指針をまとめたが、70年前の古い法律に基づいて「医薬品の一種」と見なすやり方は間違いだ。

p.2

doi: 10.1038/456002a

News

米ブッシュ政権が、置き土産として産業界寄りの新しい環境規制を次々に導入する可能性が。

p.6

doi: 10.1038/456006b

次の超大型新薬を求めて、製薬業界の関心は免疫、がんへとシフト。

p.6

doi: 10.1038/456006a

米NASAの火星探査機フェニックスとの通信がたびたび途絶え、機能停止は避けられない見通し。

p.8

doi: 10.1038/456008a

ヒト遺伝子は、同時に複数の機能を果たしていることが明らかに。

p.9

doi: 10.1038/456009a

病気のリスクの簡単な判定だけでなく、さらに詳しい解析を行う遺伝子テストサービスが登場。

p.11

doi: 10.1038/456011a

Q&A アジアのゲノミクスの進展に大きな役割を果たしている、シンガポールゲノム研究所長Edison Liu氏に訊く。

p.12

doi: 10.1038/456012a

英国が、世界で初めて温室効果ガスの削減目標を定めた法律を制定へ。

p.13

doi: 10.1038/456013a

News Features

行方不明の遺伝

The case of the missing heritability p.18

ゲノムの扉が開いたのにもかかわらず、一般的な特性や病気の遺伝子は期待通りには見つからないが、どこに隠されているのだろうか。

doi: 10.1038/456018a

スタンダード&ポアーズ

STANDARD AND PORES p.23

次世代のDNAシークエンサーにつながるものとして、ナノスケールの小孔を利用してDNA分子1個で塩基配列を解読する技術が注目を浴びている。

doi: 10.1038/456023a

混乱のさなかの破滅的人格

p.26

バイオインフォーマティクス分野で世間を驚かす研究を続けてきた米国のバイオ企業が、製薬業界の再編の波にもまれている。

doi: 10.1038/456026a

News & Views

個体群生物学:いないレミング事件

p.43

気候パターンの変化と、それによる雪の質の変化が、スカンディナビア北部におけるレミング個体群の動態を変えた。このようなドミノ効果は、生態系全体にわたって起こっているようだ。

doi: 10.1038/456043a

宇宙物理学:シグナルを出すダークハロー

p.44

大規模なシミュレーションによって、天の川銀河にある暗黒物質から発せられる観測可能なシグナルのほとんどが、暗黒物質の小さな塊からではなく、おそらく希薄なメインダークハローから放射されていることが示された。

doi: 10.1038/456044a

生化学:ナノスコープで見た酵素

p.45

基質と酵素活性部位との小規模な相互作用、つまり化学結合の長さよりも短い距離にわたる相互作用は、酵素の触媒効率に大きな違いを作り出すことがある。

doi: 10.1038/456045a

全球変化:気候の天文学的センサー

p.47

地球の軌道パラメーター、氷床の範囲と海洋循環の間の関係の再評価は、長期的な気候変動における原因と結果を解きほぐそうという試みに、さらに難しい問題を課すことになる。

doi: 10.1038/456047a

光学:メタ材料でできたペルシャ絨毯

p.49

タイリング技術を使って、ビタミンHの共鳴と一致するような共鳴をもつ二次元メタ材料が創出されたことは、このような人工構造がテラヘルツ波領域で生物検知装置として働きうるのを明らかにしている。

doi: 10.1038/456049b

人類遺伝学:多様になった個人ゲノム

p.49

個人にみられる疾患リスクなどの形質とその個人の遺伝学的祖先との間のつながりは、まだわかっていない。アフリカ人とアジア人の個人ゲノムがお決まりの手順で解読されたことで、解明が一歩進みそうだ。

doi: 10.1038/456049a

追悼:George Emil Palade氏(1912-2008)

p.52

doi: 10.1038/456052a

Articles

遺伝:可逆化ターミネーター法を用いた高精度の全ヒトゲノム塩基配列決定

Accurate whole human genome sequencing using reversible terminator chemistry p.53

doi: 10.1038/nature07517

遺伝:アジア人一個体の二倍体ゲノムの塩基配列

The diploid genome sequence of an Asian individual p.60

doi: 10.1038/nature07484

医学:細胞遺伝学的に正常な急性骨髄性白血病ゲノムのDNA塩基配列決定

DNA sequencing of a cytogenetically normal acute myeloid leukaemia genome p.66

doi: 10.1038/nature07485

Letters

宇宙:天の川銀河ハローでの超対称暗黒物質の検出の見込み

Prospects for detecting supersymmetric dark matter in the Galactic halo p.73

doi: 10.1038/nature07411

物性:Bi2Sr2CaCu2O8+δにおけるドープされたモット絶縁状態からのプリフォームド・クーパー対の出現

Emergence of preformed Cooper pairs from the doped Mott insulating state in Bi2Sr2CaCu2O8+δ p.77

doi: 10.1038/nature07400

工学:シリコンチップベースの超高速光オシロスコープ

Silicon-chip-based ultrafast optical oscilloscope p.81

doi: 10.1038/nature07430

気候:更新世後期の気候強制力に対する大西洋鉛直循環の応答

Atlantic overturning responses to Late Pleistocene climate forcings p.85

doi: 10.1038/nature07425

地球:行方不明の鉛は地球の核にはないかもしれない

The Earth's missing lead may not be in the core p.89

doi: 10.1038/nature07375

生態:気候変動とレミングの個体数周期との関係付け

Linking climate change to lemming cycles p.93

doi: 10.1038/nature07442

遺伝:ヨーロッパにおける遺伝子と地理の密接な相関

Genes mirror geography within Europe p.98

doi: 10.1038/nature07331

神経:時間間隔の知覚記憶として働くニューロン集団の同調的周期活動

Entrained rhythmic activities of neuronal ensembles as perceptual memory of time interval p.102

doi: 10.1038/nature07351

生化学:改変メガヌクレアーゼによる色素性乾皮症C群DNA認識の分子基盤

Molecular basis of xeroderma pigmentosum group C DNA recognition by engineered meganucleases p.107

doi: 10.1038/nature07343

細胞:肺炎クラミジアの細胞内増殖に不可欠なCopNタンパク質の役割

The essential role of the CopN protein in Chlamydia pneumoniae intracellular growth p.112

doi: 10.1038/nature07355

生理:CRACチャネルはOrai二量体のStim誘導性二量体化によって形成される四量体からなる

The CRAC channel consists of a tetramer formed by Stim-induced dimerization of Orai dimers p.116

doi: 10.1038/nature07338

生化学:抗ウイルスAPOBEC3G触媒ドメインの結晶構造と機能的意味

Crystal structure of the anti-viral APOBEC3G catalytic domain and functional implications p.121

doi: 10.1038/nature07357

細胞:ヒストンH2A.ZとDNAメチル化は、相互に拮抗するクロマチン標識である

Histone H2A.Z and DNA methylation are mutually antagonistic chromatin marks p.125

doi: 10.1038/nature07324

細胞:非翻訳型RNAのカスケード転写により段階的に進むクロマチン再編成

Stepwise chromatin remodelling by a cascade of transcription initiation of non-coding RNAs p.130

doi: 10.1038/nature07348

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度