目次

Editorials

気候変動対策のため、科学者、建築家、都市計画立案者などが協力して、環境にやさしい持続可能な都市開発を目指すべきだ。

p.137

doi: 10.1038/455137a

今週号から始まる6回シリーズのESSAYでは、世界を変えた重要な科学分野の会合を振り返る。

p.137

doi: 10.1038/455137b

がんは非常に多様で複雑ではあるが、その陰には単純さが隠れており、希望を失う必要はない。

p.138

doi: 10.1038/455138a

News

欧州を中心に多数の研究機関が協力して、都市の大気汚染の研究計画がスタートへ。

p.142

doi: 10.1038/455142b

中国の医学分野への大規模な助成が研究者を喜ばせているが、運営の仕方に批判も。

p.142

doi: 10.1038/455142a

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、満場一致でパチャウリ氏を議長に再選するとともに、作業部会のトップは一新。

p.144

doi: 10.1038/455144a

ウイルス感染した実験用マカクザル集団の殺処分を決定したフランスの大学に、激しい非難が。

p.145

doi: 10.1038/455145a

被害は軽微だったものの、ハリケーン「グスタフ」の上陸でルイジアナ州のハリケーン対策の遅れが浮き彫りに。

p.147

doi: 10.1038/455147a

がんの包括的解析研究で、遺伝子レベルでの著しい多様性と機能的研究の重要性が明らかに。

p.148

doi: 10.1038/455148a

News Features

進化と古生物学:新しい鉱脈

p.153

アルゼンチンの古生物学者たちによる多数の化石の研究で、進化の歴史が書き換えられつつある。

doi: 10.1038/455153a

素粒子物理学:標準理論の書き換えを目指して

The race to break the standard model p.156

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)による検証の試み以外にも、標準理論を超える新しい理論を求めて、競争が繰り広げられている。

doi: 10.1038/455156a

タンパク質工学:指の運命

p.160

任意のDNA配列に結合できるよう設計したジンクフィンガードメインをもつタンパク質が、もうすぐ2カ所から入手可能になる。

doi: 10.1038/455160a

News & Views

植物科学:ホルモンで枝分かれ

p.176

植物の成長や環境との相互作用のさまざまな側面を制御するホルモンについては、その存在を示す証拠が挙げられている。こうしたまだ見つかっていないホルモンの探索は、一段と活気を帯びてきている。

doi: 10.1038/455176a

ガンマ線バースト:遠くの宇宙からの光

p.177

長時間継続し、今まで見つかった中で最も明るい可視光の閃光を伴うガンマ線バーストの観測は、こうしたバーストの理論的説明に難問を投げかける結果となった。だがこれは同時に、宇宙を調べる際のガンマ線バーストの有用性を高めることにもなりそうだ。

doi: 10.1038/455177a

統合失調症:ゲノムで見つかった証拠

p.178

統合失調症にかかわっている遺伝的要因はさまざまであり、どういうDNA変化が主な原因なのかを突き止めるのを難しくしていた。今回、ゲノム全体にわたる大規模な研究から、今までで最も信頼性の高い手がかりが得られた。

doi: 10.1038/455178a

量子力学:もつれ合いファミリー

p.180

3つ以上の粒子がかかわる場合の量子もつれでは、多様な種あるいは族に属するものが生じる。光子を使った実験は、多数の粒子のもつれ合いについて系統だった研究をするための新しい手段となりつつある。

doi: 10.1038/455180a

生体分子工学:水を集める人工の小さな木

p.181

樹木にみられる「配管系」のミニチュア版が、ヒドロゲルを使って再現された。この装置は、樹木の生理学的性質に関する理論の検証にも使えるし、もっと拡大できれば実際の用途に使える可能性もある。

doi: 10.1038/455181a

追悼:Neil Bartlett氏(1932-2008)

p.182

希ガスの化学的研究の創始者であるBartlett氏が亡くなられた。ご冥福を祈りたい。

doi: 10.1038/455182a

Articles

宇宙:肉眼で見えたγ線バーストGRB 080319B の広い波長域での観測

Broadband observations of the naked-eye γ-ray burst GRB 080319B p.183

doi: 10.1038/nature07270

植物:苗条の枝分かれのストリゴラクトンによる阻害

Strigolactone inhibition of shoot branching p.189

doi: 10.1038/nature07271

植物:新たなテルペノイド系植物ホルモンによる枝分かれの抑制

Inhibition of shoot branching by new terpenoid plant hormones p.195

doi: 10.1038/nature07272

Letters

宇宙:りゅうこつ座η星の1843年の爆発で生じた爆発波

A blast wave from the 1843 eruption of η Carinae p.201

doi: 10.1038/nature07269

物性:光格子におけるフェルミ原子のモット絶縁体

A Mott insulator of fermionic atoms in an optical lattice p.204

doi: 10.1038/nature07244

工学:合成「樹木」(synthetic tree)における負圧での水の蒸散

The transpiration of water at negative pressures in a synthetic tree p.208

doi: 10.1038/nature07226

環境:全地球的炭素シンクとしての老齢林

Old-growth forests as global carbon sinks p.213

doi: 10.1038/nature07276

地球:ヴェスヴィオ火山のマグマ溜まりの過去2万年にわたる上方移動

Upward migration of Vesuvius magma chamber over the past 20,000 years p.216

doi: 10.1038/nature07232

進化:実験的進化モデルの一般化可能性の限界の理解

Understanding the limits to generalizability of experimental evolutionary models p.220

doi: 10.1038/nature07152

生態:北大西洋の最小クラスの植物プランクトンが行う大量の細菌食

High bacterivory by the smallest phytoplankton in the North Atlantic Ocean p.224

doi: 10.1038/nature07236

脳:決定に対する信頼の神経基盤、計算および行動への影響

Neural correlates, computation and behavioural impact of decision confidence p.227

doi: 10.1038/nature07200

医学:統合失調症に関連する大規模で頻発する微小欠失

Large recurrent microdeletions associated with schizophrenia p.232

doi: 10.1038/nature07229

医学:染色体のまれな欠失と重複が統合失調症のリスクを増大させる

Rare chromosomal deletions and duplications increase risk of schizophrenia p.237

doi: 10.1038/nature07239

医学:西ナイルウイルス感染に関連するヒト遺伝子のRNA干渉スクリーニング

RNA interference screen for human genes associated with West Nile virus infection p.242

doi: 10.1038/nature07207

免疫:T細胞に発現するプロタンパク質転換酵素フリンは末梢の免疫寛容の維持に必須である

T-cell-expressed proprotein convertase furin is essential for maintenance of peripheral immune tolerance p.246

doi: 10.1038/nature07210

細胞:ヘテロクロマチンはシュゴシンの誘引によってセントロメアの保護にかかわる

Heterochromatin links to centromeric protection by recruiting shugoshin p.251

doi: 10.1038/nature07217

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度