Article

免疫:tetherinはレトロウイルスの放出を抑制し、HIV-1 Vpuの作用に拮抗する

Nature 451, 7177 doi: 10.1038/nature06553

ヒト細胞は、レトロウイルス粒子やその他のエンベロープをもつウイルス粒子の放出を抑制する抗ウイルス活性をもち、その活性はHIV-1のアクセサリータンパク質であるVpuによって拮抗される。この抗ウイルス活性は、構成的な発現、あるいはインターフェロン-αによる誘導が可能で、タンパク質による繋留によって成立するものであることから、このタンパク質を我々は「tetherin」と名づけた。この繋留により完全な形のビリオンが感染細胞の表面に保持される。我々は、推論により範囲を絞って遺伝子発現解析を行い、これまでには機能が知られていなかった膜タンパク質CD317(別名、BST2あるいはHM1.24)がtetherinであることを明らかにする。特に、HIV-1およびマウス白血病ウイルスの粒子放出時には、Vpuの必要性がCD317発現と相関しており、CD317が発現するとVpuが必要になった。さらに、HIV-1ビリオンの放出にVpu発現が必要な細胞では、CD317の喪失によりVpu発現の必要がなくなった。CD317によってビリオンは細胞表面に保持され、エンドサイトーシス後はCD317陽性の細胞内区画に保持された。VpuはCD317と共局在し、これらの影響を抑制した。Vpu機能の抑制とその結果として生じるtetherinの抗ウイルス活性の誘導は、HIV/AIDSの治療戦略になる可能性がある。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度