Letter

宇宙:嵐によって引き起こされる惑星規模の擾乱から推定される強力な木星ジェットの深さ

Nature 451, 7177 doi: 10.1038/nature06533

巨大ガス惑星(木星と土星)の大気は、光学的に観察可能な深さでの循環を支配するジェットを含んでいる。これらのジェットのエネルギー源(太陽放射、内部熱、あるいはその両方)と上層の雲の下の垂直構造は、大気循環と巨大惑星の気象学における未解決の重要な問題である。いくつかの観測とin situ計測では、24バールの深さに極めて強いウィンドが発見され、内部熱源の存在を裏付けるものであると解釈されている。しかし、この問題には異論が多く、その一因は局地的な気象の影響である。本論文では、木星大気における、最も強力なジェット(23°N)と同じ緯度で噴出した2つのプリュームの観測とモデリングについて報告する。プリュームは周辺の雲から30 kmの高さにまで到達し、他のどの特徴よりも速く移動(169 m s−1)し、後流中に赤色のエアロゾルを含む惑星規模の乱流擾乱を残した。力学的モデルに基づき、これらのデータは太陽輻射の届くレベルよりも深いところまでウィンドが広がっていると考えた場合のみ両立する、と我々は結論する。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度