目次

Editorials

電子ネットワークと社会を研究する社会科学者は、データの安全性保護を率先して推進すべきだ。

p.637

doi: 10.1038/449637b

生物燃料が温暖化対策に少しは役立つとしても、それには新しい技術と栽培方法が必要だ。

p.637

doi: 10.1038/449637a

若手研究者への助言や指導は、特に研究倫理に関しては不十分で、また行っても、効果はなかなか期待通りにはいかない。

p.638

doi: 10.1038/449638a

News

今年のノーベル医学生理学賞は、ノックアウトマウスを利用した遺伝子機能解明技術を開発した英米の三氏に。

Biologists claim Nobel prize with a knock-out p.642

doi: 10.1038/449642a

iPodの中のノーベル物理学賞

The physics prize inside the iPod p.643

doi: 10.1038/449643a

フランス政府が計画する移民問題の研究施設に、社会科学者から反発が。

p.643

doi: 10.1038/449643b

カナダでの血液製剤によるHIV感染裁判で、4人の医師が無罪に。

p.644

doi: 10.1038/449644b

米議会で、生物テロ対策研究の安易な拡大により、危険な病原体の漏えいリスクが高まっているとの批判が。

p.646

doi: 10.1038/449646a

欧州委員会が生物テロへの悪用を防ぐために提案する、科学論文の二段階発表方式に、冷ややかな反応が。

p.646

doi: 10.1038/449646b

兵士の戦闘意欲を失わせる「同性愛爆弾」が今年のイグノーベル平和賞に。

p.648

doi: 10.1038/449648a

米国で、工業原料となる鉱物の値動きを監視する機関をつくるべきとの提言が。

p.648

doi: 10.1038/449648b

News Features

生物燃料:低木に望み

p.652

インドをはじめ、多くの国で生物燃料の原料としてジャトロファ(ナンヨウアブラギリ)に期待が高まっているが、その栽培がうまくできるかはわからない。

doi: 10.1038/449652a

拡散防止:核兵器学校

SCHOOL OF NUKES p.656

どのようにして嘘を見抜くかの秘訣を学ぶ、核査察官の訓練を紹介する。

doi: 10.1038/449656a

News & Views

言語学:見えざる手

An invisible hand p.665

単語の使用頻度とその単語の経時的変化速度との間の定量的な関係から、個人の行動が大規模な言語学的や文化的変化を決定していく道筋に関して興味深い問題が生まれてくる。

doi: 10.1038/449665a

有機化学:水中でのより活発な合成

p.667

複雑な毒素分子は、合成化学における究極的な難問であり、成功した場合ですらステップ数が多過ぎて実用になりそうもないことが多い。生物が行う合成にヒントを得た反応は、物事を単純化してくれるかもしれない。

doi: 10.1038/449667a

レーザー物理学:位相の測定

p.669

我々がレーザー光を観察する際には、その強さ、すなわち光波の振幅を測るのが普通である。位相にはそのレーザー光の性質がより詳細に書き込まれているのだが、こちらはよくわかっていなかった。しかし、これに対して新しい光が当てられつつある。

doi: 10.1038/449669a

癌:転移をマイクロ管理

p.671

天然に存在する短鎖RNAであるマイクロRNAは1990年代初頭に発見されたばかりだが、これがもつ多数の調節機能は既に明らかになっている。最新の発見は、マイクロRNAが癌の転移にもかかわっていることだ。

doi: 10.1038/449671a

進化遺伝学:反復を有利に使う方法

p.673

単一の遺伝子はもとより、染色体領域、またはゲノム全体が倍加する、つまり重複が起きることがある。こうした余分なものをもつことは何らかの利益をもたらすのだろうか。進化は、いくつかの策略を使って、こうした状況を役立てているらしい。

doi: 10.1038/449673a

固体物理学:ひとひねりした対応

p.674

強磁性体材料と強誘電体材料の磁場あるいは電場におけるふるまいは、わかりやすい。しかし、最近になって発見された、これらとよく似たフェロトロイディック材料では事態はもっと複雑だ。

doi: 10.1038/449674a

Articles

遺伝:遺伝子重複とある典型的な遺伝子スイッチの適応進化

Gene duplication and the adaptive evolution of a classic genetic switch p.677

doi: 10.1038/nature06151

医学:乳癌でマイクロRNA-10bによって惹起される腫瘍の浸潤と転移

Tumour invasion and metastasis initiated by microRNA-10b in breast cancer p.682

doi: 10.1038/nature06174

発生:ヒストンH3のリシン27デメチラーゼは動物の後部の発生を制御する

A histone H3 lysine 27 demethylase regulates animal posterior development p.689

doi: 10.1038/nature06192

Letters

宇宙:エンセラダス南極の亀裂にある最も温かい領域とジェットの関係

Association of the jets of Enceladus with the warmest regions on its south-polar fractures p.695

doi: 10.1038/nature06217

物理:レーザーでの誘導放出の位相分解測定

Phase-resolved measurements of stimulated emission in a laser p.698

doi: 10.1038/nature06208

物性:フェロトロイディック・ドメインの観察

Observation of ferrotoroidic domains p.702

doi: 10.1038/nature06139

地球:始生代中期の無酸素状態と大気中の硫黄の化学的変化を示す同位体の証拠

Isotopic evidence for Mesoarchaean anoxia and changing atmospheric sulphur chemistry p.706

doi: 10.1038/nature06202

気候:観測された地表面の湿度変化は人間活動の影響に起因する

Attribution of observed surface humidity changes to human influence p.710

doi: 10.1038/nature06207

言語:言語の進化動態の定量化

Quantifying the evolutionary dynamics of language p.713

doi: 10.1038/nature06137

言語:単語の使用頻度からインド・ヨーロッパ語の歴史における語彙進化速度が推測される

Frequency of word-use predicts rates of lexical evolution throughout Indo-European history p.717

doi: 10.1038/nature06176

細胞:食細胞由来のカテコールアミンは急性炎症性傷害を促進する

Phagocyte-derived catecholamines enhance acute inflammatory injury p.721

doi: 10.1038/nature06185

神経:塩素イオンと神経伝達物質-ナトリウム共輸送体の相互作用の機構

Mechanism of chloride interaction with neurotransmitter:sodium symporters p.726

doi: 10.1038/nature06133

発生:UTXとJMJD3はHOX遺伝子の制御と発生にかかわるヒストンH3K27のデメチラーゼである

UTX and JMJD3 are histone H3K27 demethylases involved in HOX gene regulation and development p.731

doi: 10.1038/nature06145

細胞:AAA ATPアーゼVps4によるESCRT-IIIの選択的認識の構造基盤

Structural basis for selective recognition of ESCRT-III by the AAA ATPase Vps4 p.735

doi: 10.1038/nature06171

細胞:VPS4 ATPアーゼによるESCRT-IIIの認識

ESCRT-III recognition by VPS4 ATPases p.740

doi: 10.1038/nature06172

細胞:RNAiによる、内在性マイクロRNA経路を妨げることがなく効果的な遺伝子サイレンシング

Effective RNAi-mediated gene silencing without interruption of the endogenous microRNA pathway p.745

doi: 10.1038/nature06179

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度