Highlight

法医学:「CSI:マルセイユ」

Nature 445, 7130 doi: 10.1038/445811a

マフィアのボス、ベルナルド・プロベンツァーノは正体を隠して逃亡生活中の2002年に、マルセイユ病院で前立腺癌の治療を受けた。しかし、これが破滅につながった。DNA指紋と入念な科学捜査によって彼がまだ生きていることが判明し、ついには逮捕されたのである。ピエトロ・グラッソ検事と遺伝学者のジュゼッペ・ノヴェッリがどのようにしてプロベンツァーノを追いつめたかを、D Butlerが解説する。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度