目次

Editorials

食品安全性問題は米国にとって緊急課題であり、科学的基盤に基づいた改善が必要だ。

p.683

doi: 10.1038/445683b

科学政策や環境政策が適切に決定されるよう、インドの科学者は議論に積極的に参加すべきだ。

p.683

doi: 10.1038/445683a

Natureでは、実験手法を詳しく明らかにできるよう、オンライン版の実験手法の項を拡大し、印刷版にも手法のsummaryの項を設ける。

p.684

doi: 10.1038/445684a

News

カリフォルニア大学バークレー校と巨大なエネルギー企業BPとの提携に、研究の自由が失われると懸念する声が。

p.688

doi: 10.1038/445688b

ゲノムレベルの遺伝解析により、糖尿病などの複雑な遺伝病の研究に進展が。

p.688

doi: 10.1038/445688a

バブル核融合疑惑に無実と結論を出したパーデュー大学の調査に批判が。

p.690

doi: 10.1038/445690a

生物学データベースをウィキペディア型に改革しようと、オランダの研究者が呼びかけ。

p.691

doi: 10.1038/445691a

ノルウェーが、スバールバル国際種子バンクの詳しい計画を公表。

p.693

doi: 10.1038/445693a

世界最大の次世代加速器、国際リニアコライダー(ILC)の建設費の見積もりが明らかに。

p.694

doi: 10.1038/445694a

ルネサンス時代の絵画の真贋判定に、レーザーラマン分光法を利用。

p.695

doi: 10.1038/445695a

News Features

科学者の恋愛:2つの世界がぶつかるとき

p.700

遠距離恋愛、仕事と家庭の両立など、科学者どうしの結婚にまつわる問題とその乗り越え方を探る。

doi: 10.1038/445700a

食物連鎖:海の殺し屋

p.703

シャチの食性の変化は、生態系にどのように影響するのだろう。

doi: 10.1038/445703a

インドのお目付け役:新鮮な空気を

p.706

小さなNGOが、法改正を実現させるなど、強い発言力をもつ圧力団体に成長した。

doi: 10.1038/445706a

News & Views

保全生物学:生物多様性の多様さ

p.717

種が豊富なことと進化の可能性が豊富なこととは同じではない。では、保全の優先性を決める際には、このどちらの尺度を使ったらよいのだろうか。南アフリカのケープ(喜望峰)地区における植物相は、こうした重要な問題についてのテストケースとなる。

doi: 10.1038/445717a

分析化学:検出と多用性

p.718

化学物質を検出する分子は分析手段としてよく使われるが、そのほとんどは1種類の標的化合物しか認識しない。今回、数種類の金属イオンの濃度を測定する分子センサーが開発された。

doi: 10.1038/445718a

プラズマ物理学:「航跡」の上で加速

p.721

従来の粒子加速器では何キロもの加速が必要だったことを、小型の「プラズマ航跡場」加速器は1メートル足らずの加速でやってしまう。では、ばかでかいメガ加速器の時代はもう終わったのだろうか。

doi: 10.1038/445721a

血管生物学:血管ガイダンス

p.722

胚や腫瘍は、血管形成の方向を定めるのに同一のシグナル伝達経路を用いている。Notch経路がこうした過程で果たす新しい役割が明らかになり、癌治療に新たな選択肢が加わりそうだ。

doi: 10.1038/445722a

量子力学:現実の真相

p.723

量子力学を「現実的」なものにしておきたいという希望は、中性子の量子的挙動が新たに測定されたことで雲散霧消してしまった。古典的な感覚が必要とする状況とはうらはらに、実際の世界は本来的にランダムなものなのである。

doi: 10.1038/445723a

発生生物学:乳腺での細胞運命

p.724

乳癌のほとんどは乳管上皮細胞に起源を発する。マスター調節因子がこの細胞系列の発生を制御する仕組みを解明すれば、どうしてそうなるのかに関する重要な手がかりが得られるかもしれない。

doi: 10.1038/445724a

ナノ流体力学:シリコンで作った完璧な膜

p.726

新たに開発されたシリコン超薄膜は、従来のポリマー膜よりもずっと効率よく分子をふるい分けることができる。これは、工業や医学方面で重要な価値をもつ多くの応用に役立つだろう。

doi: 10.1038/445726a

Highlight

Articles

進化:ヒトの血縁感知機構の基本構造

The architecture of human kin detection p.727

doi: 10.1038/nature05510

細胞:HIV-1 gp120上に存在する進化的に保存された中和抗原決定基の構造決定

Structural definition of a conserved neutralization epitope on HIV-1 gp120 p.732

doi: 10.1038/nature05580

Letters

宇宙:宇宙で最も暗黒物質の多い銀河の起源として考えられる初期のガス剥離

Early gas stripping as the origin of the darkest galaxies in the Universe p.738

doi: 10.1038/nature05552

物理:メートルスケールのプラズマ航跡場加速器における42 GeV電子のエネルギー倍増

Energy doubling of 42 GeV electrons in a metre-scale plasma wakefield accelerator p.741

doi: 10.1038/nature05538

化学:超低消費電力有機コンプリメンタリー回路

Ultralow-power organic complementary circuits p.745

doi: 10.1038/nature05533

材料:シリコン超薄膜を使った電荷と大きさの違いに基づくマクロ分子の分別

Charge- and size-based separation of macromolecules using ultrathin silicon membranes p.749

doi: 10.1038/nature05532

地球:地球の「ハム」は大陸棚上の海洋波が駆動している

The Earth's 'hum' is driven by ocean waves over the continental shelves p.754

doi: 10.1038/nature05536

環境:生物多様性ホットスポットの植物相がもつ進化の潜在能力を保全する

Preserving the evolutionary potential of floras in biodiversity hotspots p.757

doi: 10.1038/nature05587

腫瘍:FBVマウスではPatched遺伝子の多型によりHras誘導性の扁平上皮癌が促進される

Promotion of Hras-induced squamous carcinomas by a polymorphic variant of the Patched gene in FVB mice p.761

doi: 10.1038/nature05489

免疫:調節性T細胞の機能はFoxp3の発現低下によって消失・変換される

Regulatory T-cell functions are subverted and converted owing to attenuated Foxp3 expression p.766

doi: 10.1038/nature05479

細胞:Foxp3に依存した調節性T細胞分化プログラム

Foxp3-dependent programme of regulatory T-cell differentiation p.771

doi: 10.1038/nature05543

細胞:血管新生の際にはNotch1を介したDll4シグナル伝達が先端細胞の形成を調節する

Dll4 signalling through Notch1 regulates formation of tip cells during angiogenesis p.776

doi: 10.1038/nature05571

細胞:発生中のゼブラフィッシュの動脈ではNotchシグナル伝達が血管形成細胞の挙動を制限する

Notch signalling limits angiogenic cell behaviour in developing zebrafish arteries p.781

doi: 10.1038/nature05577

細胞:ショウジョウバエのTCTPはdRheb GTPアーゼの調節を介して成長と増殖に重要な役割を果たす

Drosophila TCTP is essential for growth and proliferation through regulation of dRheb GTPase p.785

doi: 10.1038/nature05528

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度