目次

Editorials

韓国の例で、科学の倫理に反する行為とねつ造などの明確な不正行為との間に大きな隔たりはないことがよくわかる。

Ethics and fraud p.117

doi: 10.1038/439117a

専門家による査読システムは、査読者の意見が一致しないことも多いが、編集者が丹念な対応を心がければ、科学論文の質を確保する最良の方法と言える。

Three cheers for peers p.118

doi: 10.1038/439118a

News

ソウル大学の調査委員会が、黄教授のヒト幹細胞論文は完全なねつ造と断定。

Verdict: HwangNULLs human stem cells were all fakes p.122

doi: 10.1038/439122a

H5N1型の鳥インフルエンザウイルスがヒトからヒトへの感染性を獲得するかについて、異なった見方が。

Yes, but will it jump? p.124

doi: 10.1038/439124a

植物が温室効果ガスのメタンを生産するとの発見に、植物生理学者や気候学者が困惑。

Methane finding baffles scientists p.128

doi: 10.1038/439128a

News Features

DNAの起源:ベースインベーダー

Base invaders p.130

DNAは、細胞へもぐり込む手段としてウイルスが進化させたのだろうか。

doi: 10.1038/439130a

宇宙探査:行き当たりばったり

A shot in the dark? p.132

小惑星探査機「はやぶさ」の試料採取失敗は、日本の宇宙探査計画にどう影響するのだろうか。

doi: 10.1038/439132a

プリオン病:来るべき世界の物語

The shape of things to come p.134

数多くの致命的な脳疾患にタンパク質の折り畳み異常が関係しているが、その研究で危険な異常タンパク質ができてしまう恐れはないだろうか。

doi: 10.1038/439134a

News & Views

種の絶滅:カエルからの警告

A message from the frogs p.143

熱帯アメリカに生息するカエルの一部が、気候温暖化によって危機に追い込まれている。種のほぼ3分の2が死に絶えたのだが、その原因は気温変化のために感染症のパターンが変わったことらしい。今週のハイライト参照。

doi: 10.1038/439143a

宇宙空間物理学:Xラインの謎を解く

Breaking through the lines p.144

プラズマ中の磁場は自発的に再編成を起こし磁気エネルギーを粒子の運動エネルギーに変換する。太陽風中で得られた観測結果から、こうした現象の規模が従来考えられていたより大きいことが示された。letters, p.175 参照。

doi: 10.1038/439144a

医学:政治的にも賢い幹細胞の作り方

Politic stem cells p.145

胚性幹細胞の研究は疾患の解明と治療に大いに役立つと考えられるが、多くの人が宗教的あるいは倫理的な理由でこの種の研究に反対の立場をとっている。 新しく報告された2つの方法は、こうした難点をある程度回避できるかもしれない。今週のハイライト参照。

doi: 10.1038/439145a

地球温暖化:植物は意外にも環境に優しくない?

A green source of surprise p.148

陸上の植物群落は大量のメタンを大気中に放出している。この予想外の発見が確かなものだとわかれば、温室ガスの収支とメタン供給源の研究の両方に大きな影響を与えるだろう。今週のハイライト参照。

doi: 10.1038/439148a

行動学:匂いと脳とホルモンと

Smells, brains and hormones p.149

従来考えられていたのとは異なり、主要な嗅覚経路は一般的な匂いばかりでなくフェロモンに対する応答にもかかわっているらしい。最近の研究により、フェロモンで活性化されるホルモン系は脳内に広くはりめぐらされていることがわかった。

doi: 10.1038/439149a

追悼:Lawrence C. Katz氏 (1956-2005)

p.150

知覚の解明に功績のあった神経科学研究者、Katz氏が亡くなられた。ご冥福を祈りたい。

doi: 10.1038/439150a

Articles

環境:地球温暖化で広がる流行性疾患によって両生類が広範に絶滅する

Widespread amphibian extinctions from epidemic disease driven by global warming p.161

doi: 10.1038/nature04246

生化学:ErbB受容体のタンパク質相互作用ネットワークのタンパク質マイクロアレイを使った量的解析

A quantitative protein interaction network for the ErbB receptors using protein microarrays p.168

doi: 10.1038/nature04177

Letters

宇宙:太陽風の中で地球半径の390倍以上に伸びている磁気リコネクションXライン

A magnetic reconnection X-line extending more than 390 Earth radii in the solar wind p.175

doi: 10.1038/nature04393

量子情報:時間制御された半導体量子もつれ光子対源

A semiconductor source of triggered entangled photon pairs p.179

doi: 10.1038/nature04446

化学:バルク氷の超高速過熱と融解

Ultrafast superheating and melting of bulk ice p.183

doi: 10.1038/nature04415

環境:陸上植物による好気条件下でのメタン放出

Methane emissions from terrestrial plants under aerobic conditions p.187

doi: 10.1038/nature04420

地球:地球上部マントル底部に存在する含水マグマの安定性

Stability of hydrous melt at the base of the Earth's upper mantle p.192

doi: 10.1038/nature04352

進化:頭部より後方に単孔類に似たいくつかの特徴を持つ白亜紀の相称歯目獣類

A Cretaceous symmetrodont therian with some monotreme-like postcranial features p.195

doi: 10.1038/nature04168

進化:胎生の雌の異父同腹仔において異系交配の胚は同系交配の異父きょうだいを救済する

Outbred embryos rescue inbred half-siblings in mixed-paternity broods of live-bearing females p.201

doi: 10.1038/nature04260

免疫:TRAF3とTRAF6の異なったエフェクター機能を介したToll様受容体シグナル伝達の特異性

Specificity in Toll-like receptor signaling through distinct effector functions of TRAF3 and TRAF6 p.204

doi: 10.1038/nature04369

免疫:Toll様受容体依存性および非依存性の抗ウイルス応答におけるTRAF3の重要な役割

Critical role of TRAF3 in the Toll-like receptor-dependent and -independent antiviral response p.208

doi: 10.1038/nature04374

細胞:クローン化したCdx2欠損胚盤胞からの核移植細胞由来の多能性ES細胞の作製

Generation of nuclear transfer-derived pluripotent ES cells from cloned Cdx2-deficient blastocysts p.212

doi: 10.1038/nature04257

細胞:マウス単一割球に由来する胚性および非胚性幹細胞株

Embryonic and extraembryonic stem cell lines derived from single mouse blastomeres p.216

doi: 10.1038/nature04277

発生:平面内細胞極性シグナルは神経管形成時に細胞分裂と形態形成を結びつけている

Planar cell polarity signalling couples cell division and morphogenesis during neurulation p.220

doi: 10.1038/nature04375

細胞:損傷を受けた鋳型上でのDinB DNAポリメラーゼの活性促進は1個のアミノ酸によって制御される

A single amino acid governs enhanced activity of DinB DNA polymerases on damaged templates p.225

doi: 10.1038/nature04318

細胞:サルコメアZ盤中の巨大筋タンパク質タイチンの回文構造集合体

Palindromic assembly of the giant muscle protein titin in the sarcomeric Z-disk p.229

doi: 10.1038/nature04343

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度