目次

Editorials

米国がエネルギー分野で国防総省国防高等研究事業局(DARPA)に相当する研究機関を作っても、成功はむずかしいだろう。

DARPA dreaming p.129

doi: 10.1038/438129a

日本語要約 | Full Text

欧州で、動物を使わない化学物質の安全性試験の開発が官民の協力で開始される。

A less toxic solution p.129

doi: 10.1038/438129b

日本語要約 | Full Text

再構築された1918年インフルエンザウイルスの安全問題には、米疾病対策予防センター(CDC)の暫定的な規制だけでは不十分だ。

Flu in circulation p.130

doi: 10.1038/438130a

日本語要約 | Full Text

News

CDCの規制では、強毒性の1918年ウイルスの郵送すら可能。

Deadly flu virus can be sent through the mail p.134

doi: 10.1038/438134a

日本語要約 | Full Text

東アジアが、幹細胞研究の先進地域を目指し、協力体制への強い意欲。

Far East lays plans to be stem-cell hotspot p.135

doi: 10.1038/438135a

日本語要約 | Full Text

米国の絶滅危惧種保護法案は不正確で不十分と、研究者や環境保護活動家から反対の声。

Congress attacked over species bill p.140

doi: 10.1038/438140a

日本語要約 | Full Text

News Features

動物試験:化粧品が変わる以上に

More than a cosmetic change p.144

欧州は、政治的、商業的理由から動物を使った毒性試験を廃止する方向に進んでいるが、これは科学的にも望ましいかもしれない。

doi: 10.1038/438144a

Full Text

言語学:口ごもるうちに

Tongue tied p.148

絶滅危惧言語には、他で得られない言語学的に貴重な知見が含まれることも多いが、話し手が急激に減少して、研究が間に合わない。

doi: 10.1038/438148a

Full Text

精神病:すべてマウスの心の中

All in the mind of a mouse p.151

遺伝子異常のマウスが、精神病の解明に役立つかもしれない。

doi: 10.1038/438151a

Full Text

News & Views

神経生物学:チャネルを開く引き金

Triggers for channel opening p.167

神経細胞間の迅速な伝達は、特殊なイオンチャネルに依存して行われる。このようなタンパク質の構造を探ることにより、神経伝達物質の結合によって伝達にかかわるチャネルが開口する仕組みが明らかになった。articles, p.185, letters, p.243, 248 参照。

doi: 10.1038/438167a

Full Text

材料科学:電子の質量を消去する

Erasing electron mass p.168

2次元グラファイトは、炭素を基盤とする電子デバイスに役立ちそうだ。このような構造中を電子が移動するようすは、電子の質量を完全に零とするモデルを使えば、相対論的量子物理学によって最もうまく記述できるらしい。今週のハイライト参照。

doi: 10.1038/438168a

Full Text

微生物学:RAMP耐性菌

RAMP resistance p.170

抗生物質に対する耐性が非常な広がりを見せているため、新しい抗菌薬の必要性が急速に高まっている。しかし、RAMPという有望そうな新薬もやはり耐性の問題に悩まされそうだ。

doi: 10.1038/438170a

Full Text

地震学:大事件の始まり方は?

The start of something big? p.171

地震が始まった最初の数秒の測定から、その地震が最終的にどのくらいの規模になるかを予想することは可能だろうか。環太平洋地域周辺における地震についての大規模な研究では、たぶん予想できそうだという結論になったが、不確実な部分は残っている。今週のハイライト参照。

doi: 10.1038/438171a

Full Text

概日リズム:時計の調整

Clock coordination p.173

多くの動物の活動時期は、明け方と夕方に集中している。このタイミングは中枢神経系にあり、それぞれ「朝」と「夜」に働く別々の振動体によって調節されている。しかし、これら2つのニューロン時計はどうやって調整されているのだろうか。今週のハイライト参照。

doi: 10.1038/438173a

Full Text

時計の調整

p.173

多くの動物の活動時期は、明け方と夕方に集中している。このタイミングは中枢神経系にあり、それぞれ「朝」と「夜」に働く別々の振動体によって調節されている。しかし、これら2つのニューロン時計はどうやって調整されているのだろうか。今週のハイライト参照。

doi: 10.1038/fake152

Full Text

Articles

生理:病原性細菌が線虫の嗅覚嫌悪学習を誘導

Pathogenic bacteria induce aversive olfactory learning in Caenorhabditis elegans p.179

doi: 10.1038/nature04216

日本語要約 | Full Text | PDF

生化学:NMDA受容体におけるサブユニットの配置と機能

Subunit arrangement and function in NMDA receptors p.185

doi: 10.1038/nature04089

日本語要約 | Full Text | PDF

Letters

宇宙:木星の赤道および高緯度のジェットの深い対流モデルによるシミュレーション

Simulation of equatorial and high-latitude jets on Jupiter in a deep convection model p.193

doi: 10.1038/nature04208

日本語要約 | Full Text | PDF

物理:グラフェンにおける零質量ディラックフェルミオンの2次元ガス

Two-dimensional gas of massless Dirac fermions in graphene p.197

doi: 10.1038/nature04233

日本語要約 | Full Text | PDF

物理:グラフェンにおける量子ホール効果とベリー位相の実験的観察

Experimental observation of the quantum Hall effect and Berry's phase in graphene p.201

doi: 10.1038/nature04235

日本語要約 | Full Text | PDF

地球:ブラジル南東部における二畳紀海底噴出活動の記録

A record of Permian subaqueous vent activity in southeastern Brazil p.205

doi: 10.1038/nature04252

日本語要約 | Full Text | PDF

気候:結合モデルで示された1,470年周期の氷河期の気候が太陽活動に起因する可能性

Possible solar origin of the 1,470-year glacial climate cycle demonstrated in a coupled model p.208

doi: 10.1038/nature04121

日本語要約 | Full Text | PDF

地球:地震破壊の決定論的性質

The deterministic nature of earthquake rupture p.212

doi: 10.1038/nature04214

日本語要約 | Full Text | PDF

進化:環太平洋に分布する鳥類分類群の単一起源とオーストラレーシア域の上流方向への移住

Single origin of a pan-Pacific bird group and upstream colonization of Australasia p.216

doi: 10.1038/nature04057

日本語要約 | Full Text | PDF

進化:変異蓄積解析によって遺伝子発現の急速進化を起こせる広い能力の存在が明らかになる

A mutation accumulation assay reveals a broad capacity for rapid evolution of gene expression p.220

doi: 10.1038/nature04114

日本語要約 | Full Text | PDF

医学:gigaxoninによって調節されるMAP1B軽鎖の分解はニューロンの生存に重要である

Gigaxonin-controlled degradation of MAP1B light chain is critical to neuronal survival p.224

doi: 10.1038/nature04256

日本語要約 | Full Text | PDF

発生:Fruitlessはショウジョウバエの脳において性差のある神経回路をつくる

Fruitless specifies sexually dimorphic neural circuitry in the Drosophila brain p.229

doi: 10.1038/nature04229

日本語要約 | Full Text | PDF

発生:JNKシグナル伝達によるPolycombグループタンパク質の抑制はショウジョウバエ成虫原基における決定転換を誘導する

Suppression of Polycomb group proteins by JNK signalling induces transdetermination in Drosophila imaginal discs p.234

doi: 10.1038/nature04120

日本語要約 | Full Text | PDF

生理:ショウジョウバエのペースメーカーのリセットシグナルが朝細胞と夜細胞の活動を同調させる

A resetting signal between Drosophila pacemakers synchronizes morning and evening activity p.238

doi: 10.1038/nature04192

日本語要約 | Full Text | PDF

生化学:ニコチン受容体においてアゴニストの結合をチャネルゲート開閉に結びつける主要経路

Principal pathway coupling agonist binding to channel gating in nicotinic receptors p.243

doi: 10.1038/nature04156

日本語要約 | Full Text | PDF

生化学:プロリンのcis-trans異性化による神経伝達物質依存イオンチャネルの開口

Cis-trans isomerization at a proline opens the pore of a neurotransmitter-gated ion channel p.248

doi: 10.1038/nature04130

日本語要約 | Full Text | PDF

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度