目次

News & Views

神経生物学:痛みに関わる新要因が見つかった

Neurobiology: New player in pain p.729

長く続く痛みでは、神経シグナル伝達における長期的な変化が起こっているはずである。では、その変化は何によって引き起こされるのだろうか。ラットでは、脊髄内の免疫細胞に似た細胞と、今まで痛みに関する研究分野では知られていなかった分子が関わっている。

doi: 10.1038/424729a

固体物理学:量子回路の構成図

Solid-state physics: Drawing quantum circuitry p.730

低温で操作される原子間力顕微鏡は、量子エレクトロニクス装置を作ったり、調整したりするのに使うことができる。また、量子コンピューティングに必要な複雑な回路を構築する手段となる可能性もある。

doi: 10.1038/424730a

地球気候変動:暖まったタンガニーカ湖

Global change: The heat on Lake Tanganyika p.731

タンガニーカ湖で表面近くの水温が上昇し、漁獲量が減少したことは、地球規模の気候変動と関連づけられてきた。地球温暖化が自然の生態系に及ぼす影響は、局地的な経済にも影響を与え始めたのかもしれない。

doi: 10.1038/424731a

癌:DNAを詰め込んで守る

Cancer: Protective packaging for DNA p.732

ヒストンタンパクは、DNAをコンパクトに詰め込むという構造的な役割がもっともよく知られている。しかし、こういうタンパク質の1つは、癌の発症防止を助けることで、腫瘍のサプレッサーとしても働いているらしい。

doi: 10.1038/424732a

大気物理学:オーロラ研究の新たな曙

Atmospheric physics: A new dawn for aurora p.734

新しい種類のオーロラが観察された。これは、形状は従来のオーロラに似ているのだが、従来のものが持つ強度や動的性質を欠いており、その代わりに地球とともに静かに回転しているのである。

doi: 10.1038/424734a

免疫学:Tollの関わるもう1つの経路

Immunology: Another toll road p.736

微生物に対する免疫応答には、よく知られているシグナル伝達カスケード反応が関わっている。しかし、これが、対病原体闘争の全ての局面をコントロールしているわけではない。今まで知られていなかった「アダプター」タンパク質を含む第二のカスケードがあって、欠陥部分を埋めるのを助けているのだ。

doi: 10.1038/424736a

地球科学:氷河は作業中

Earth science: Glaciers at work p.737

氷河は、堆積物を運んで配置し直したり、地球表面の一部の形を変えたりといった力仕事の係のように考えられてきた。しかし、正確にはどういうことをしているのか、それはあまり分かっていなかったのだが、今回発表された新たな仮説でこの事態は改善されそうだ。

doi: 10.1038/424737a

シグナル伝達:アスピリン、ユビキチン、癌という三題

Signal transduction: Aspirin, ubiquitin and cancer p.738

腫瘍は、実にさまざまな方法で、体の掟破りをやってのけ、規制を無視する。今回発表された最新の研究により、ある良性腫症と、生物学研究における2つのホットな対象、NF-κBとユビキチンとが結びつくことがわかった。

doi: 10.1038/424738a

Article

免疫:MyD88非依存性TIRシグナル伝達における重要な伝達物質としてのLps2の同定

Identification of Lps2 as a key transducer of MyD88-independent TIR signalling p.743

doi: 10.1038/nature01889

Letters

宇宙:シンクロトロン衝撃波モデルと矛盾する高エネルギーのスペクトル成分をもつγ線バースト

A -γray burst with a high-energy spectral component inconsistent with the synchrotron shock model p.749

doi: 10.1038/nature01869

技術:量子部品用の消去可能な静電リソグラフィー

Erasable electrostatic lithography for quantum components p.751

doi: 10.1038/nature01841

海洋:北太平洋亜熱帯海域における大気中CO2吸収の気候による変化

Climate-driven changes to the atmospheric CO2 sink in the subtropical North Pacific Ocean p.754

doi: 10.1038/nature01885

地球:氷河の底面の侵食における安定化フィードバック

Stabilizing feedbacks in glacier-bed erosion p.758

doi: 10.1038/nature01839

地球:地球中心核表面の赤道付近に見られる磁束の強い集中

Intense equatorial flux spots on the surface of the Earth's core p.760

doi: 10.1038/nature01879

海洋:深海底への植物デトリタスのパルス状供給の行方を示すin situでの実験的証拠

In situ experimental evidence of the fate of a phytodetritus pulse at the abyssal sea floor p.763

doi: 10.1038/nature01799

気候:タンガニーカ湖の水中生態系は気候変動により生産力が減少している

Climate change decreases aquatic ecosystem productivity of Lake Tanganyika, Africa p.766

doi: 10.1038/nature01833

認知:行動を観察する際にも用いられる行動計画

Action plans used in action observation p.769

doi: 10.1038/nature01861

聴覚:フクロウの聴覚空間マップ上の神経イメージから予測する聴覚の空間精度

Prediction of auditory spatial acuity from neural images on the owl's auditory space map p.771

doi: 10.1038/nature0183510.1038/

神経:グルタミン酸作動性シナプスにおけるGABAB受容体活性化によるシナプス小胞のプライミングの直接的な調節

Direct modulation of synaptic vesicle priming by GABAB receptor activation at a glutamatergic synapse p.775

doi: 10.1038/nature01859

医学:脊髄内ミクログリアで誘導されるP2X4受容体は神経損傷後の異痛症(アロディニア)の発現にかかわる

P2X4 receptors induced in spinal microglia gate tactile allodynia after nerve injury p.778

doi: 10.1038/nature01786

医学:ラクダ科動物抗体フラグメントはヒト・リゾチームによるアミロイド繊維形成を阻害する

A camelid antibody fragment inhibits the formation of amyloid fibrils by human lysozyme p.783

doi: 10.1038/nature01870

遺伝:さまざまな生物種の標的ゲノム領域塩基配列の比較解析

Comparative analyses of multi-species sequences from targeted genomic regions p.788

doi: 10.1038/nature01858

医学:CYLDはTNFRファミリー分子によるNF-κB活性化の負の制御を行う脱ユビキチン化酵素である

CYLD is a deubiquitinating enzyme that negatively regulates NF-κB activation by TNFR family members p.793

doi: 10.1038/nature01803

医学:円柱腫症腫瘍抑制因子の消失はNF-κBの活性化によりアポトーシスを阻害する

Loss of the cylindromatosis tumour suppressor inhibits apoptosis by activating NF-κB p.797

doi: 10.1038/nature01811

医学:腫瘍抑制因子CYLDは脱ユビキチン化によりNF-κBシグナル伝達系を負に調節する

The tumour suppressor CYLD negatively regulates NF-κB signalling by deubiquitination p.801

doi: 10.1038/nature01802

生化学:変異がペプチドやタンパク質の凝集速度におよぼす影響の有理化

Rationalization of the effects of mutations on peptide andprotein aggregation rates p.805

doi: 10.1038/nature01891

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度