Article

cover story:エージェント・オレンジ - ベトナム枯れ葉剤散布のホットスポット

Nature 422, 6933 doi: 10.1038/422649a

ベトナム戦争当時、エージェント・オレンジなどの除草剤(枯れ葉剤)が軍事目的で広く使用された。軍事記録文書の再調査から、除草剤の推定使用量が以前の推定値を700万リットル以上上回ること、そしてその多くに多量のダイオキシン類が混入していたことが明らかになった。表紙にあるように、飛行路と散布量を地図上に位置づけると、散布分布が明らかになる。散布作戦は、周到に決められた標的に対して行われ、その多くは繰り返し散布を受けた。また前回の推定値よりも少なくとも2倍という多量のダイオキシン類が散布されたと考えられる。今回の調査結果では使用された薬剤(およびダイオキシン)の分布、また散布の「ホットスポット」に関するよりはっきりした情報が得られた。この地理情報系から、各地域に残ると考えられる健康への影響の疫学的な全容解明が可能となる。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度