目次

News & Views

素粒子物理学:見えたり、見えなかったり

Particle physics: Now you see them, now you don't p.485

基本粒子の1つである中性子は振動する、つまり別種の粒子に変形できるということの証拠が集まってきている。今回、正確にねらいをつけた実験により、最も確実そうな答えが示された。

doi: 10.1038/421485a

DNA修復:損傷警報

DNA repair: Damage alert p.486

放射線照射などの有害な作用は、我々の遺伝子に損傷を与えることが多く、癌などの病気の原因となることもある。新たな研究により、DNA損傷に対する細胞内防御系に警告を与える、意外な仕組みの存在が明らかになった。

doi: 10.1038/421486a

天文学:遠く離れていて、なお一番熱い惑星

Astronomy: Distant planet is the hottest yet p.488

我々の太陽系の外にあって、恒星前面通過観測法により観測された初めての惑星は、水星が太陽の回りを巡る軌道のほぼ20倍程度母天体に近い軌道でその周囲を回っていることがわかった。

doi: 10.1038/421488a

生物多様性:脅威となる小規模世帯

Biodiversity: The threat of small households p.489

全世界的な人口増加が生物多様性に悪影響を与えることは多くの研究から示されてきた。しかし、新たな研究によれば、世帯数の増加もまた別の脅威となるのである。

doi: 10.1038/421489a

物性物理学:調整可能なコロイド結晶

Condensed-matter physics: Tunable colloidal crystals p.490

マイクロメートルサイズの粒子が溶媒中に分散している、コロイド状分散系は、相転移と結晶核生成のモデルとして役に立つことがある。電場を使って「調整」できるコロイドは、新しい実験系として貴重である。

doi: 10.1038/421490a

行動遺伝学:家族の事情

Behavioural genetics: Family matters p.491

母方から受け継いだか、父方から受け継いだかによって、遺伝子が異なった活性化をすることは、それ自体、家族内の対立をはっきりと示すものといえる。こういう現象がどういう効果をもたらすのか、それがマウスを使った実験により明らかにされた。

doi: 10.1038/421491a

Article

医学:DNAの損傷は、分子間自己リン酸化と二量体の解離によってATMを活性化する

DNA damage activates ATM through intermolecular autophosphorylation and dimer dissociation p.499

doi: 10.1038/nature01368

Letters

宇宙:母天体のディスクを通過する太陽系外の惑星

An extrasolar planet that transits the disk of its parent star p.507

doi: 10.1038/nature01379

量子情報科学:通信波長帯を使ったキュービットの長距離テレポーテーション

Long-distance teleportation of qubits at telecommunication wavelengths p.509

doi: 10.1038/nature01376

物性:硬い球から軟らかい球および双極球へ調節可能な相互作用をもつコロイドモデル系

A colloidal model system with an interaction tunable from hard sphere to soft and dipolar p.513

doi: 10.1038/nature01328

材料:温度29Kで捕捉磁場17テスラを超える高温超電導バルク磁石

High-temperature superconductor bulk magnets that can trap magnetic fields of over 17 tesla at 29 K p.517

doi: 10.1038/nature01350

物理:崩れ波に対する界面活性剤の影響

The effects of surfactants on spilling breaking waves p.520

doi: 10.1038/nature01357

地震:近傍で起きたヘクターマイン地震によるランダース断層浅部の損傷

Damage to the shallow Landers fault from the nearby Hector Mine earthquake p.524

doi: 10.1038/nature01354

進化:カンブリア紀前期の脊椎動物の頭部と背骨

Head and backbone of the Early Cambrian vertebrate Haikouichthys p.526

doi: 10.1038/nature01264

環境:世帯動態が資源消費量および生物多様性に及ぼす影響

Effects of household dynamics on resource consumption and biodiversity p.530

doi: 10.1038/nature01359

遺伝:マウスの家族内の対立を解決する遺伝的基盤

The genetic basis of family conflict resolution in mice p.533

doi: 10.1038/nature01239

視覚:サル皮質V2野に空間的に組織化された色表現

A spatially organized representation of colour in macaque cortical area V2 p.535

doi: 10.1038/nature01372

神経:餌にではなくコミュニケーションに対してネットワークの振動応答を生み出す抑制性フィードバック

Inhibitory feedback required for network oscillatory responses to communication but not prey stimuli p.539

doi: 10.1038/nature01360

細胞:平面内細胞の極性シグナル伝達の忠実性

Fidelity in planar cell polarity signalling p.543

doi: 10.1038/nature01366

医学:造血幹細胞は、幹細胞白血病SCL/tal-1遺伝子がなくても長期にわたる再増殖能と多能性を維持する

Haematopoietic stem cells retain long-term repopulating activity and multipotency in the absence of stem-cell leukaemia SCL/tal-1 gene p.547

doi: 10.1038/nature01345

生化学:ヒト・アンギオテンシン変換酵素‐リシノプリル複合体の結晶構造

Crystal structure of the human angiotensin-converting enzyme?lisinopril complex p.551

doi: 10.1038/nature01370

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度