目次

News & Views

地球科学:当たらない地震予測

Earth Science: Parkfield's unfulfilled promise p.257

地震は「時間予知可能」だとする考えは、現在行われている見込み予報の多くの基盤となっている。カリフォルニアのサンアンドレアス断層上で行われた重要なテストで、この考え方に欠点があることがわかった。しかし、これは必ずしも悪いニュースとは言えないのかもしれない。

doi: 10.1038/419257a

神経生物学:神経の可塑性と中年フクロウ

Neurobiology: Plasticity and the older owl p.258

加齢は、変化に適応する脳の能力を減退させる。しかし、変化を段階的に経験するならば、少なくともある実験条件下では、神経の適応が意外な程度まで起こることがわかったのである。

doi: 10.1038/419258a

ガンマ線バースト:闇からの光

Gamma-ray bursts: Light from darkness p.259

望遠鏡は、一過性のガンマ線バーストの位置をすばやく正確に捉え、その残光を観測しなければならない。謎に満ちた「暗い」バーストでは、光学的波長の光は生じないように見えるのだが、今回、そのかすかなシグナルが観測された。

doi: 10.1038/419259a

発生生物学:少ない供給源が作る鋭いピーク

Developmental biology: Sharp peaks from shallow sources p.261

理論を案出し、さらにそれの検証を行うのに数学的なモデルを使うというやり方は、生物学ではまだ殆ど行われていないといっていい。今回この方法により、ショウジョウバエ胚の発生におけるシグナル伝達分子の分布の極めて安定で鋭いピークがどのようにして形成されるのか、その機構が明らかになった。

doi: 10.1038/419261a

細胞生物学:容易に追跡できる緑色蛍光タンパク質

Cell biology: Proteins tracked in a flash p.262

緑色蛍光タンパク質は、細胞生物学研究でもっとも役に立つタンパク質の1つである。光によって活性化できるタイプのタンパク質が作り出され、その応用範囲がさらに広がった。

doi: 10.1038/419262a

生理学:エントロピーと不健康

Physiology: Unhealthy surprises p.263

心拍の変動は病気の徴候である可能性があり、時として致命的になる。エントロピーを基盤として、不整脈の性質を調べる方法では、心臓が健康なのか、それともよくある心臓疾患にかかっているのかを識別できる。

doi: 10.1038/419263a

保全生物学:科学と性とフクロウオオム

Conservation biology: Science, sex and the kakapo p.265

性配分の理論によれば、子孫の性比は母親の生理的状態によって決まる可能性があると予測される。この考え方を適用することで、国際保護鳥でありニュージーランドでは特別な存在であるフクロウオオムが絶滅の瀬戸際から救い出された。

doi: 10.1038/419265a

物理化学:遅延反応

Chemical physics: A delayed reaction p.266

単純な水素交換反応についてはすっかり解明されたと考えられていたのだが、反応過程について実験的に綿密な測定を行ったところ、予想外の影響が生じているのがわかった。そして、この影響の説明が今回見つかったのである。

doi: 10.1038/419266a

遺伝子調節:メッセンジャーRNAの死活を制する酵素

Gene regulation: Reviving the message p.267

線虫における発生制御因子の研究と酵母における細胞分裂制御因子の研究から、特別なメッセンジャーRNA分子の運命に影響を与える可能性がある酵素の新しいファミリーの存在が明らかになった。

doi: 10.1038/419267a

Article

生化学:COPII小胞コートのSec23/24-Sar1出芽前複合体の構造

Structure of the Sec23/24?Sar1 pre-budding complex of the COPII vesicle coat p.271

doi: 10.1038/nature01040

Letters

物性:人工の水素およびヘリウム原子における許容および禁制遷移

Allowed and forbidden transitions in artificial hydrogen and helium atoms p.278

doi: 10.1038/nature00976

化学:H+HD→D+H2反応における中間体の減速による前方散乱

Forward scattering due to slow-down of the intermediate in the H + HD D + H2 reaction p.281

doi: 10.1038/nature01068

材料:高い誘電率をもつ作動器用全有機複合材料

An all-organic composite actuator material with a high dielectric constant p.284

doi: 10.1038/nature01021

地震:歪みの蓄積と解放の直接測定による時間予知可能地震再来モデルの検証

Testing time-predictable earthquake recurrence by direct measurement of strain accumulation and release p.287

doi: 10.1038/nature00984

進化:中国で新たに発見された変わったオビラプトロサウルス類恐竜

An unusual oviraptorosaurian dinosaur from China p.291

doi: 10.1038/nature00966

神経:漸増的な訓練によって増強される成体メンフクロウの聴覚空間マップの可塑性

Incremental training increases the plasticity of the auditory space map in adult barn owls p.293

doi: 10.1038/nature01002

神経:マウス嗅球の機能的神経回路を決める匂い物質受容体

Odorant receptors instruct functional circuitry in the mouse olfactory bulb p.296

doi: 10.1038/nature01001

細胞:プレスチンは外有毛細胞の電位伸縮能および蝸牛の増幅能に必要

Prestin is required for electromotility of the outer hair cell and for the cochlear amplifier p.300

doi: 10.1038/nature01059

発生:ショウジョウバエ胚のパターン形成におけるBMPモルフォゲン勾配の強い安定性

Robustness of the BMP morphogen gradient in Drosophila embryonic patterning p.304

doi: 10.1038/nature01061

植物:シロイヌナズナの季節時間測定の分子基盤

Molecular basis of seasonal time measurement in Arabidopsis p.308

doi: 10.1038/nature00996

細胞:線虫の調節性細胞質ポリAポリメラーゼ

A regulatory cytoplasmic poly(A) polymerase in Caenorhabditis elegans p.312

doi: 10.1038/nature01039

細胞:フォークヘッド型転写因子FOXO3aは、静止状態にある細胞を酸化ストレスから守る

Forkhead transcription factor FOXO3a protects quiescent cells from oxidative stress p.316

doi: 10.1038/nature01036

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度