Letter

宇宙:太陽風による木星の電波放射とオーロラの制御

Nature 415, 6875 doi: 10.1038/415985a

木星からの電波放射は、この巨大惑星に強い磁場と大きな磁気圏があるという最初の証拠であった。また木星では、両極にオーロラが見られるが、それは、多くの点で地球のオーロラに似ている。電波放射は、高緯度の磁力線に沿って、オーロラをつくるのと同じ電子によって生じると考えられている。ヘクトメートル電波の放射とオーロラは、ともにかなりの変動を示すが、その変動の原因は、ほとんどわかっていない。本稿では、カッシーニとガリレオ探査機を使って、木星からのヘクトメートルの電波放射と極紫外線のオーロラ放射を同時観測した結果を報告する。我々の結果は、この両方の放射が、太陽から外側へ伝搬する惑星間衝撃波によって引き起こされていることを示している。このような衝撃波が木星に到達すると、磁気圏の大きな圧縮と再構成の原因となり、それが、強い電場と、したがって、オーロラ磁力線に沿った電子の加速を生じさせると思われる。これは、地球の磁気嵐の間に起きるプロセスに似ている。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度