RESEARCH ABSTRACT

スリランカ民族のミトコンドリアDNAに刻まれた定住史:セイロン島内およびインド亜大陸の集団との関係

Mitochondrial DNA history of Sri Lankan ethnic people: their relations within the island and with the Indian subcontinental populations

2013年11月7日 Journal of Human Genetics 59, 28-36 (2013) doi: 10.1038/jhg.2013.112

スリランカ民族のミトコンドリアDNAに刻まれた定住史:セイロン島内およびインド亜大陸の集団との関係
拡大する

インド亜大陸最南の沿岸、その沖合にわずかな距離を隔てて位置するセイロン島には、長い年月にわたって、多様な民族集団が居住してきた。主な構成民族は、ヴェッダ人、シンハラ人(高地シンハラ人および低地シンハラ人)、タミル人(スリランカタミル人およびインドタミル人)であるが、各民族のセイロン島への定住の経緯や相互の生物学的関連性については、不明なままである。これまでのところ、ヴェッダ人がおそらく最初の居住者であり、その後、シンハラ人とタミル人がインド本土から渡来したと仮定されている。今回、スリランカの各民族集団を代表する271人について、ミトコンドリアDNA(mtDNA)の超可変領域1(HVS-1)全域、および超可変領域2(HVS-2)の一部分の遺伝子型決定を行ったところ、これらの民族のセイロン島への定着の歴史についての示唆が得られた。まず、系統樹解析、主座標分析、塩基配列の差異分析を行ったところ、セイロン島に居住している、ヴェッダ人以外のすべての民族は互いに比較的近縁であることが判明したが、ヴェッダ人は異質の性質を示した。この知見は、ヴェッダ人の起源が他と異なることを示唆するものである。ハプロタイプ解析および塩基配列解析から、ヴェッダ人のmtDNAの配列が、どちらかというと、インドタミル人よりもシンハラ人およびスリランカタミル人のmtDNAの配列に近縁であることが明らかになった。mtDNAのハプロタイプ解析から、インド人に特徴的なmtDNAのクレードや、いくつかの西ユーラシア人のハプログループが、セイロン島に居住する民族集団において見つかった。さらに、mtDNAのHSV-1および一部のHSV-2について、インド人データベースとの比較を行うことにより、タミル人とシンハラ人のクラスターはともに、セイロン島の先住集団であると考えられているヴェッダ人ではなく、インド亜大陸集団に由来することが判明した。

Lanka Ranaweera, Supannee Kaewsutthi, Aung Win Tun, Hathaichanoke Boonyarit, Samerchai Poolsuwan & Patcharee Lertrit

Located only a short distance off the southernmost shore of the Greater Indian subcontinent, the island of Sri Lanka has long been inhabited by various ethnic populations. Mainly comprising the Vedda, Sinhalese (Up- and Low-country) and Tamil (Sri Lankan and Indian); their history of settlements on the island and the biological relationships among them have remained obscure. It has been hypothesized that the Vedda was probably the earliest inhabitants of the area, followed by Sinhalese and Tamil from the Indian mainland. This study, in which 271 individuals, representing the Sri Lankan ethnic populations mentioned, were typed for their mitochondrial DNA (mtDNA) hypervariable segment 1 (HVS-1) and part of hypervariable segment 2 (HVS-2), provides implications for their settlement history on the island. From the phylogenetic, principal coordinate and analysis of molecular variance results, the Vedda occupied a position separated from all other ethnic people of the island, who formed relatively close affiliations among themselves, suggesting a separate origin of the former. The haplotypes and analysis of molecular variance revealed that Vedda people’s mitochondrial sequences are more related to the Sinhalese and Sri Lankan Tamils’ than the Indian Tamils’ sequences. MtDNA haplogroup analysis revealed that several West Eurasian haplogroups as well as Indian-specific mtDNA clades were found amongst the Sri Lankan populations. Through a comparison with the mtDNA HVS-1 and part of HVS-2 of Indian database, both Tamils and Sinhalese clusters were affiliated with Indian subcontinent populations than Vedda people who are believed to be the native population of the island of Sri Lanka.

「おすすめのコンテンツ」へ戻る

Journal of Human Genetics ISSN: 0021-8820(Print) EISSN: 1881-1469(online)
© 2022 The Japanese Society of Human Genetics

プライバシーマーク制度