Research Press Release

農場の家の室内塵の微生物が都会の子どもの喘息減少に結び付く

Nature Medicine

2019年6月18日

Farm dust microbes linked with reduced asthma in city children

農場のような家の室内塵(ハウスダスト)のマイクロバイオームへの曝露が、都会環境に住む子どもたちの喘息発症の減少に関係している可能性があることを報告する論文が、今週掲載される。

喘息の発症は都会化に関連があるとされており、それには室内塵から重要な微生物種が失われたことが関係している可能性がある。こうした種はまだ農場には存在している。しかし、農場の細菌が都会環境中に存在した場合に、喘息の罹患率の減少に結び付くかは、これまで不明だった。

Pirkka Kirjavainenたちは、フィンランドの田舎と郊外の家(計395人の子どもが住んでいる)について室内塵の微生物相を調べ、農場の家に関連する独特な微生物の個体数パターンを特定した。さらに、Kirjavainenたちは、ドイツの子ども1031人のコホートでもこのような知見を得て、農場ではないがフィンランドの農場の家とよく似た屋内微生物相を持つ家に住む子どもは、喘息の発症リスクが減少することを明らかにした。

この調査研究は、個々の微生物種が喘息を直接防ぐ働きをしていると決定的に示しているわけではないが、環境由来の細菌が喘息の発症に役割を果たしていることをさらに裏付けるものである。Kirjavainenたちは、家庭内微生物相の構成の測定が、郊外や都会の家に住む子どもたちの喘息発症の相対リスクの評価や監視に役立つ可能性があると述べている。

doi:10.1038/s41591-019-0469-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度