News

皮膚細菌叢も免疫応答に重要

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121004

原文:Nature (2012-07-26) | doi: 10.1038/nature.2012.11075 | The skin’s secret surveillance system

Virginia Gewin

長い間、外部からの病原体に対して単なる物理障壁と考えられてきた皮膚。その皮膚に共生する細菌が、宿主の免疫系の活性化に重要であることが明らかになった。

皮膚の表層には、しわや毛包、皮脂腺などが存在する。こうした多種多様な環境にさまざまな細菌が共生しており1、外部からの病原体の侵入を妨げているとされてきた。だが、それ以上の役割があるようだ。米国立アレルギー・感染症研究所(メリーランド州ベセスダ)のYasmine Belkaid率いる研究チームが、皮膚に常在する細菌叢の役割を調べ、宿主の免疫応答に影響を及ぼすことを明らかにし たのだ2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度