News Feature

アスリートはどこまで超人化するか?

ドーピングなどの方法で運動能力を向上させることは、スポーツ界では違反行為とされている。しかし、それらの規制をすべて撤廃すれば、科学は人間の運動能力の限界を打ち破ってしまうかもしれない。

拡大する

ISTOCKPHOTO

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121012

原文:Nature (2012-07-19) | doi: 10.1038/487287a | Superhuman athletes

Helen Thompson

2012年8月、英国の短距離走選手Dwain Chambersは、生涯で最も重要なレースに臨んだ。彼は、2012年ロンドンオリンピックでメダルを獲得することで、2003年のドーピングによる2年間の出場停止処分に始まった、長く不名誉な日々に決着をつけたいと願っていた(訳注:Chambersは100m走と400mリレーに出場したが、いずれもメダル獲得には至らなかった)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度