News

遺伝子改変細菌で病気を治療

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180916

原文:Nature (2018-06-28) | doi: 10.1038/d41586-018-05476-4 | Genetically modified bacteria enlisted in fight against disease

Sara Reardon

腸内や食物にいる細菌を改変して治療に用いる研究が進んでいる。

いくつかの企業が、大腸菌などを用いて有用な遺伝子を送達する遺伝子治療を開発中である。 | 拡大する

STEVE GSCHMEISSNER/SCIENCE PHOTO LIBRARY/Science Photo Library/Getty

病気の原因となる細菌を体内から取り除くために薬を飲むのとは逆に、細菌を医薬品として用いるという治療法が、確実に前進している。米国の規制当局は遺伝子治療の一種として、タイプの異なるいくつかの改変細菌の臨床試験を承認した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度