News

糞便研究が絶滅危惧種を救う?

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180911

原文:Nature (2018-06-14) | doi: 10.1038/d41586-018-05352-1 | Faecal transplants could help preserve vulnerable species

Sara Reardon

コアラの極端な偏食が、糞便移植で改善できることが示された。ミナミシロサイでは、糞便分析で繁殖力低下の原因物質を特定し、餌を調整することで、繁殖力が向上した。

コアラは、限られた種類のユーカリしか食べない「偏食家」である。 | 拡大する

Getty

コアラ(Phascolarctos cinereus)は動物界屈指の「偏食家」で、ユーカリ属(Eucalyptus)の常緑高木の葉しか食べないことが知られている。しかも、どのユーカリでもよいわけではなく、中には単一種のユーカリしか食べない個体もいる。今回、コアラのこうした偏食傾向の一部が、腸内細菌によって説明できることが示唆された。2018年6月7〜11日に米国ジョージア州アトランタで開催された米国微生物学会(ASM)の年次大会ASM Microbe 2018で発表された研究によると、コアラが特定の種のユーカリを消化する能力は個体ごとに異なり、それは腸内細菌の組成によって決まるらしい。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度