News

抗がん剤の効力を食事で高める

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180904

原文:Nature (2018-07-11) | doi: 10.1038/d41586-018-05694-w | The right diet can boost potency of cancer drugs

Heidi Ledford

適切な食事を取ることで、腫瘍の代謝を微妙に変化させて化学療法の効き目を高めることができるかもしれない。

マウスでは、適切な食餌によって特定の抗がん剤の効き目を高めることができる。 | 拡大する

Alfred Schauhuber/ullstein bild via Getty

マウスを使った最近の2件の研究によると、抗がん剤の中には、食餌の中身を少し変えるという簡単な方法で効き目が高まるものがあるらしい。これらは、がんと闘うために体の代謝を利用するという近年盛んになった取り組みから得られた最新の研究成果だ。2件の研究のうち、2018年7月11日にNature オンライン版で発表された研究1では、アミノ酸の一種ヒスチジンをマウスの餌に添加したところ、化学療法薬メトトレキサートの白血病細胞に対する効力が高まることが示された。ヒスチジンは特に肉や豆類などの食品に豊富に含まれており、栄養補給剤として投与される場合もある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度