News

ヒト遺伝子の推定数増加で議論再燃

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180914

原文:Nature (2018-06-21) | doi: 10.1038/d41586-018-05462-w | New human gene tally reignites debate

Cassandra Willyard

ヒトゲノム解読から15年が経過した現在も、ヒトゲノム中に遺伝子がいくつあるかについては合意に至っていない。

ヒトゲノム計画が完了して10年以上たった現在も、ヒトの遺伝子の数を特定することは難しい。 | 拡大する

Credit: Alan Phillips/Getty

ヒトゲノム中に含まれる遺伝子数を推定する試みは、これまで幾度となく行われてきた。その最初期のものの1つに、コールドスプリングハーバー(米国ニューヨーク州)のとあるバーでほろ酔いの遺伝学者たちが単なる当てずっぽうで推定したものがある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度