News Feature

認知症に脳の炎症の影

脳の免疫系が、アルツハイマー病などの神経変性疾患を引き起こしている可能性が次々と報告されている。科学者たちはそれを食い止めることができるだろうか?

拡大する

NEHER LAB/DZNE/HIH

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180723

原文:Nature (2018-04-26) | doi: 10.1038/d41586-018-04930-7 | Is ‘friendly fire’ in the brain provoking Alzheimer’s disease?

Alison Abbot

ドイツ神経変性疾患センター(ボン)の神経科学者のMichael Henekaは、革命的な概念には説得力のあるデータが必要だということを知っている。2010年の時点では、脳の免疫系が認知症に極めて重要な役割を持つという彼の考え方に同意した研究者仲間はほんのわずかしかいなかった。そのため、その年の5月に、いくつかの新しい結果からこれまでで一番強力な証拠が得られて彼の説が裏付けられたとき、興奮が湧き上がるのと同時に、不安な気持ちにもなったのだった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度