News

グレートバリアリーフの被害状況が明らかに

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180707

原文:Nature (2018-04-18) | doi: 10.1038/d41586-018-04660-w | Great Barrier Reef saw huge losses from 2016 heatwave

Quirin Schiermeier

2016年に発生した記録的な海洋熱波で、グレートバリアリーフではサンゴの白化が観察されていた。追跡調査から、白化後のサンゴの大量死と、サンゴ礁の3分の1の大きな変化が明らかになった。

拡大する

Richard Vevers/XL Catlin SS/The Ocean Agency

オーストラリア北東部の海岸沿いには、グレートバリアリーフと呼ばれる、全長2300kmにもなる世界最大のサンゴ礁地帯が広がる。同海域の貴重なサンゴの健康状態を追跡している研究から、2016年に同海域を襲った海の熱波、つまり極端な海水温上昇がもたらした被害は、初期の調査で示された規模よりもはるかに深刻なものであったことが報告された。この海洋熱波は広い範囲でサンゴの白化を引き起こしたことから、世界中から注目されていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度