News

EUがネオニコチノイド系農薬の屋外使用を全面禁止へ

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180611

原文:Nature (2018-03-08) | doi: 10.1038/d41586-018-02639-1 | EU expected to vote on pesticide ban after major scientific review

Declan Butler

ネオニコチノイド系農薬がハチに悪影響を及ぼしているという、専門機関の大規模なリスク評価の結論を受け、EUは3種の農薬の屋外使用禁止を可決した。

拡大する

shene/Moment/Getty

EUの食品安全に関する専門機関が長らく待望されていたリスク評価を終え、論争の的となっていた3種類のネオニコチノイド系農薬が野生のハチやミツバチに重大な危険を及ぼしているとする結論を出した。欧州食品安全機関(EFSA;イタリア・パルマ)による今回の報告を受け、EU常任委員会は2018年4月27日、屋外で栽培される作物へのネオニコチノイド系農薬の使用を全面的に禁止する規制案を承認した。規制は欧州委員会によって導入され、年内にも全加盟国で施行される予定である。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度