News

10万年さかのぼった初期人類の文化の起源

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180614

原文:Nature (2018-03-22) | doi: 10.1038/d41586-018-03244-y | Advances in human behaviour came surprisingly early in Stone Age

Jeff Tollefson

現生人類の文化の起源が従来の説よりも古いことを示す石器が発見された。それらはさらに、初期人類の技術や文化の発達が、気候の急激な変化や大地震と関連している可能性を示しているという。

ケニアのオロルゲサイリー盆地では、単純な道具(左)が小型で複雑な道具(右)に取って代わられた。 | 拡大する

HUMAN ORIGINS PROGRAMME, SMITHSONIAN

アフリカ東部の初期人類による高度な道具の製作やその他の複雑な行動の出現は、従来の想定よりも何万年か早かった。そう主張する論文が、3月15日付でScienceに3編掲載された1–3。これらの論文によれば、初期人類の文化に大きな変化が見られた時期は、気候や景観の大変動が起こった時期と重なっており、地球環境の変化が文化を発達させた可能性もあるという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度