News Feature

細胞内の「相分離」に注目

細胞の内容物が水と油のように分離する現象で、細胞内の組織化や疾患が説明できるかもしれない。

拡大する

OIL ART: STEVE PAVLOVSKY/LIQUID LIGHT LAB

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180624

原文:Nature (2018-03-15) | doi: 10.1038/d41586-018-03070-2 | What lava lamps and vinaigrette can teach us about cell biology

Elie Dolgin

当時大学院生だったDavid CoursonとLindsay Mooreが、夏期実習のためにウッズホール海洋生物学研究所(米国マサチューセッツ州)に到着すると、2人は指導教員らから、線虫の胚で「P顆粒」がどのように形成されるかを調べるように言われた。RNAとタンパク質からなる微小構造であるP顆粒は、生物学者を25年以上にわたって困惑させてきた。それを考えると、これは無理難題といえるものだった。ところが2人は、P顆粒の形成過程の映像を撮り始めてすぐ、顕微鏡下で意外な現象を目撃した。P顆粒は、インテリア照明器具「ラバライト」の中で浮遊する液体のように、ぶつかり合って融合したのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度