News & Views

ダイヤモンドで実現した室温連続放射メーザー

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180632

原文:Nature (2018-03-22) | doi: 10.1038/d41586-018-03215-3 | A diamond age of masers

Ren-Bao Liu

レーザーのマイクロ波版であるメーザーは、動作する環境が特殊であるか、通常の環境で動作するものは連続的に放射を出せないために用途が限られていた。今回、ダイヤモンドを使い、室温で連続放射するメーザーが開発された。

メーザーはレーザーに似ているが、マイクロ波周波数で動作するデバイスであり、最初のメーザーは1954年に報告された1。レーザーの実現はその6年後に報告されたが2、メーザーはレーザーほど広く使われてこなかった。障害になったのは、メーザーの動作には高い真空か極端な低温(数ケルビン)のいずれかが必要なことだった。今回、ロンドン大学インペリアルカレッジ(英国)のJonathan D. Breezeらは、周囲条件で連続的に動作する初めてのメーザーを実現し、Nature2018年3月22日号493ページで報告した3。こうしたデバイスは、マイクロ波計測学やマイクロ波通信、さらに量子多体系物理学の進歩につながる可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度