News

史上初の反物質輸送計画

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180510

原文:Nature (2018-02-22) | doi: 10.1038/d41586-018-02221-9 | Physicists plan antimatter’s first outing — in a van

Elizabeth Gibney

とどめておくことが難しい反物質を容器に貯蔵して輸送し、放射性原子核を調べる実験に利用する計画が始まった。

輸送された反陽子は、ISOLDE実験で生成した稀な放射性同位体物質の表面を調べるのに使われる。 | 拡大する

Julien Marius Ordan/CERN

反物質は生成してもすぐに物質と出会って対消滅してしまうことで知られるが、物理学者たちは反物質をかなり制御できるようになっていて、今では反物質を道具として利用することまで検討できるようになっている。2018年1月に欧州原子核研究機構(CERN;スイス・ジュネーブ郊外)で始まったプロジェクトでは、研究者たちは、CERN内の実験施設で作った反物質をトラックで別の実験施設に輸送して、稀な放射性原子核の奇妙な振る舞いを調べるのに利用しようとしている。研究の目標は、原子核の内部の基礎的な過程に関する理解を深め、宇宙で最も高密度の状態の物質からなる中性子星の内部を解き明かそうとする天体物理学者たちの力になることにある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度