News & Views

再生能力の秘密を長文で読み解く

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180531

原文:Nature (2018-02-01) | doi: 10.1038/d41586-017-09008-4 | Regeneration writ large

G. Parker Flowers & Craig M. Crews

扁形動物プラナリアと、メキシコサンショウウオのゲノム塩基配列が解読、再構成された。これらの情報から、これらの2種の生物の驚くべき再生特性に関する知見が得られるだろう。

拡大する

IMP VIENNA

損傷後に体を再生する能力はヒトでは限られているが、並外れた再生能を有する動物も存在する。プラナリアと呼ばれる小さな扁形動物の場合は、数百片にまで細切れにされても体全体を再生することができる。また、サンショウウオの多くの種も、四肢全体の再生が可能だ。数世紀にわたって、研究者たちはこれらの動物の再生能力を解明しようと試みてきた。その説明書はDNAに書き込まれている。Nature 2月1日号では、マックス・プランク分子細胞生物学・遺伝学研究所(ドイツ・ドレスデン)のMarkus Alexander Grohmeら1はプラナリアの一種Schmidtea mediterraneaのゲノムについて(56ページ)、同研究所および分子病理学研究所ウィーンバイオセンター(オーストリア)、ドレスデン工科大学(ドイツ)に所属するSergej Nowoshilowら2はメキシコサンショウウオの一種(Ambystoma mexicanum、別名アホロートル)のゲノムについて(50ページ)、それぞれ報告している。これらの研究は、再生に関する理解を深めていく上で重要な一歩となるだろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度