News

目を持たないクモヒトデが周囲を「見る」方法

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180406

原文:Nature (2018-01-24) | doi: 10.1038/d41586-018-01065-7 | How brittlestars ‘see’ without eyes

Giorgia Guglielmi

ヒトデの仲間のクモヒトデは、環境を感知するのに骨格表面のレンズに似た結晶構造を使っていると長年考えられてきたが、そうではないようだ。

光を感知するOphiocoma wendtiiの骨格は、マイクロレンズのような結晶構造に覆われているため、この骨格構造が目の役目を果たすと思われていた。 | 拡大する

Lauren Sumner-Rooney

物を「見る」のに、いつも目が必要とは限らない。ヒトデの仲間であるクモヒトデは、中央の円盤から5本の腕が伸びる形態をした、サンゴ礁に生息する動物で、脳を持たないが、中には光を感知し、光から遠ざかるように移動するものがいる。2018年1月24日にProceedings of the Royal Society B1に発表された研究で、クモヒトデが周囲を見るやり方についての長年の仮説が覆された。クモヒトデ類のOphiocoma wendtiiは海底を探査する際、骨格表面の「目に似た構造」ではなく、体表を覆う一層の薄い皮全体に散在する光感受性細胞を使っていることが示されたのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度