News

「歩行の起源」が軟骨魚類までさかのぼった!

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180405

原文:Nature (2018-02-08) | doi: 10.1038/d41586-018-01700-3 | Primitive fish's sea-floor shuffle illuminates the origins of walking

Giorgia Guglielmi

軟骨魚類の一種であるガンギエイには、左右の腹鰭を器用に交互に動かし、まるで歩くようにして海底を進むものがいる。この鰭を詳しく調べると、哺乳類の歩行と同じ神経ネットワークで制御されていることが明らかになった。

イボガンギエイRaja clavataの幼魚。脚そっくりの腹鰭が見える。 | 拡大する

David Fleetham/VW PICS/UIG via Getty Images

ガンギエイは、サメや他のエイと同じ軟骨魚類に属する、比較的原始的な魚だ。ガンギエイの一種Leucoraja erinaceaは鰭を使って、まるで歩いているように、海底をはって移動することが知られている。そこで、ある神経科学者の研究チームが詳しく調べたところ、ガンギエイの「歩行」を制御する神経細胞や遺伝子は、哺乳類の歩行で使われるものと同じであることが明らかになった。2018年2月8日付でCell1に掲載されたこの研究成果は、「歩行を制御する神経ネットワークが4億2000万年以上前に初めて魚類に出現した」とする仮説を支持するものだ。これは、四肢動物の直接の祖先と見なされる魚が海から陸上へとはい出してきた年代よりも2000万年以上早い2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度