News

翼竜は生まれてすぐには飛べなかった?

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180311

原文:Nature (2017-12-07) | doi: 10.1038/nature.2017.23049 | Huge haul of rare pterosaur eggs excites palaeontologists

John Pickrell

中国で、立体構造を維持した翼竜の卵の化石が数百個見つかった。中には胚が保存されたものもあり、その骨の特徴からは、孵化したばかりの幼体は飛べなかった可能性が示唆された。

215個に上るハミプテルスの卵とそこに含まれていた胚の化石は、孵化直後の翼竜の姿を垣間見せてくれる。 | 拡大する

ZHAO CHUANG

「翼竜」は、動力飛行(羽ばたき飛行)を進化させた最初の脊椎動物として知られるが、その初期の生活史については長く謎に包まれてきた。この空飛ぶ爬虫類が卵を産んでいたことが確認されたのは2004年になってからで、その後も卵の化石は少数しか見つかっていなかった。今回、中国西北部・新疆のトルファン・ハミ盆地で新たに発見された、前期白亜紀(約1億2000万年前)の翼竜「ハミプテルス・ティアンシャネンシス(Hamipterus tianshanensis)」の卵の化石は、数が数百個に上るだけでなく、保存状態が良好で、立体構造を維持した胚も多数含んでいた点が注目されている。これらの化石の特徴からは、翼竜が生まれてすぐには飛べなかった可能性や、集団で営巣していたと見られることが示され、この成果はScience 2017年12月1日号で報告された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度